i-Phoneに実機転送する際の確認ポイント

i-Phoneに実機転送する際には、決められた手続きをふまなくてはなりません。

詳しい内容については、Webにまとめて下さっている方がいるので、そのページを参考にすればよいと思いますが、その手順通りにやっていると思っていても、失敗してしまうことがあります。

AppleのDeveloperサイトへの登録は、特に不明な点はないのですが、Xcode側のアプリの設定にもひと手間必要で、ここで躓くことが多いです。(私がそうであったというだけですが。。)

一度分かってしまうと、次回からはすんなり良くのですが、はまると結構な時間を費やしてしまうため、躓きやすい確認ポイントのみを記しておこうと思います。

1. プロジェクトのリソースの設定

・「info.plist」ファイルを開く。

・「Bundle identifier」に、AppleDevCenterにて登録した、Provisioning Profile名を設定。

2. ビルドするアプリの設定

・Xcode上でビルドするアプリを選択し、右クリックで情報を開く。

・「ターゲット」→「ビルド」→「コード署名ID」の「Any iPhone OS Device」にAppleDevCenterにてキーチェーンで作成した名前を設定する。(シード名は要らない)

※上記1をやらないと、この2を設定することができませんので、順番に注意して作業を行います。

 

この作業を行うと、重要なポイントはクリアできているのではないでしょうか。

ここまでやっても、まだ、実機転送に失敗する場合は、新しい実機を繋いだときなど、まだ、その実機がXcodeで有効化されていないことが考えられます。

Xcodeのオーガナイザの「DEVICE」の横のランプがオレンジになっている場合は、接続しているとみなされていません。

この場合は、「DEVICE」の「Use For …」を押さないといけません。これで、ランプが緑になれば、実機転送できるはず。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ