TestFlightを利用して、遠隔で、iPhoneアプリをテストしてもらう(アプリ導入編)

前回の記事で、iPhoneアプリの遠隔配布用ビルドをTestFlightに登録するところまで行いました。

それではいよいよ、クライアントにアプリを配布して、見ていただきましょう。

①まず、TestFlightのチームに招待したいお客様のメールアドレスを登録します。これは我々開発者が行います。

②登録が完了すると、登録したお客様のメールアドレス宛に、招待メールが届きますので、そのメールをiPhoneで開いてもらい、緑の「Accept」ボタンを押してもらいましょう。

 

 

 

 

③クライアントが初めてのTestFlightを使用する場合は(たいていの場合そうでしょうが)、まずはTestFlightにSignUpしてもらいます。

 

 

 

 

④これにより、TestFlightの機能を利用できるようになりますので、まずは、アプリのインストールを行う端末の認証を行ってもらいます。下記の画面から、「Register Device」ボタンを押します。

 

 

 

 

⑤上記認証が受理されると、クライアントのiPhoneに、プロビジョンファイルのインストールが要求されますので、「インストール」ボタンを押してインストールを開始してもらいます。インストールが完了したら、画面右上の「完了」ボタンを押します。

 

 

 

 

⑥これで、クライアントのiPhoneにアプリをインストールする準備ができました。下記の画面が表示されていると思いますので、iPhoneのブラウザを閉じてHomeに戻ります。すると、TestFlightのアイコンができているはずです。これで、クライアントへアプリを遠隔配布する環境が整いました。

 

 

 

 

⑦ここで、開発者側で作業を行います。クライアントのiPhoneの認証が行われた情報を配布するアプリのプロビジョニング情報に含めて、配布用アプリをパッケージングしなおします。その後、再パッケージしたアプリをTestFlightへUploadし、その際の配布対象者として、クライアントを含めます。この作業により、クライアントへはインストールを促すメールが飛ぶことになります。

⑧さて、上記配布作業により、クライアントへは以下のようなメールが届いているはずですので、iPhoneでそのメールを開いてもらい、「Install」ボタンを押して、アプリをインストールしてもらいましょう。

 

 

 

 

⑨インストールは完了しましたか?完了していれば、Home画面に配布したアプリケーションのアイコンが表示され、アプリを起動して触ってもらうことができるようになっているはずです。

 

 

 

 

 

今回、TestFlightのサービスを利用して、遠いところにいる人に、公開前のアプリを触ってもらうことができました。

TestFlightへの登録とプロビジョンのインストールには少し手間が掛かりますが、一度設定してしまえば、アプリに変更が入ったタイミングで、容易に配布することができますので、今後も利用して、TestFlightサービスの動向にも注目していきたいと思います。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ