TestFlightを利用して、遠隔でiPhoneアプリをテストしてもらう(配布用アプリ作成編)

iPhoneのアプリを作成したのですが、クライアントがアプリ審査前に画面を見てみたいという要望がありました。
開発チームのなかで、近くにありメンバーであれば、アプリの転送も容易なのですが、遠くにはなれているお客様だと、大変です。
以前、TestFlightというサービスを使うとそれが可能になるということでしたので、これを機会に、試してみました。

まずはTestFlightのページで登録を行います。

次に、アプリを配布する対象のメンバーを登録するために、Teamを登録しましょう。

まずは、下記の図のように、「Add  Team」から、チーム名を入力して、「Create」ボタンを押しましょう。

addTeam

 

 

 

 

複数のアプリで異なるメンバーに配布を行う時に管理が容易になる仕組みですよね。

このチームに、アプリ配布を行いたいメンバーの登録を行っていく訳ですが、まずは、配布を行うアプリの準備をすることにします。ここにある情報を参考に、AdHoc版のアプリを作成していきます。

AdHoc版配布アプリの作り方

まずはXcodeで、プロジェクトの情報を開き、「構成」からAdHoc版のビルド構成を作成します。「Release」の構成を選択して、「複製」するのが良いでしょう。

copyRelease

 

 

 

 

構成を作成した後は、その構成でアプリのBuildを行います。「Device」と「AdHoc」にチェックを入れて、アプリケーションのビルドを行いましょう。

 

 

 

 

ビルドに成功したら、いよいよ、IPA形式のアプリケーションを作成していきます。TestFlightで配布を行うには、この「IPA形式」である必要があるようです。

ここで注意しておきたいのは、ビルドの際に、配布対象の端末情報も含めてアプリをビルドする必要があったということです。

そのため、Teamに追加した配布対象のユーザの端末情報の登録が終わった後で、下記作業を行わないといけませんでした。そのため、TestFlightのチームに招待し、ユーザの端末情報登録作業が終わった後で、以下の作業を行います。

まず、登録された端末情報をExportします。

 

 

 

 

Exportしたファイルには40桁の端末情報がありますので、これを、AppleのDeveloperサイトから登録します。下記のように、画面の「Add Device」から、端末を登録してください。そのボタンの左の「Upload Device」だと、Exportしたファイルをそのまま取り込めるので、簡単です。

 

 

 

 

次に、登録した端末を、配布するアプリのプロビジョンに含めましょう。Provisioningから該当のアプリの「Edit」ボタンを押して編集(Modify)し、登録した端末を追加します。登録が終われば、いよいよ、そのプロビジョニングファイルを使用してAdHoc版をBuildすることになりますので、ファイルをダウンロードしてオーガナイザに認識させます。

Xcodeのオーガナイザを開くと下記のような画面になっていると思いますので、「Share...」ボタンを押します。ダイアログが開きますので、「Save To Disk」を選択します。(Build and Archiveしていないと表示されないので注意!)これで、Upload用のipaファイルができましたので、これをTestFlightにUploadすれば、各ユーザにアプリを配信することが可能になります。

 

 

 

 

これで、配布用アプリの登録が完了しました。配布したいチームメイトにチェックを入れて、「Complete」ボタンを押しましょう!

 

 

 

 

※UploadするアプリのバージョンNoが増えないと、次回からメールが送られません。UploadアプリのバージョンNoは、Info.plistの「Bundle Version」が適用されますので、アプリの変更を行った場合は、ここをIncrementするようにしましょう!



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ