うまい文章を書くためのヒント

ブログを更新していると、ひとつのテーマについて文章を書くことが、こんなに難しいものかと感じることがあります。

特に、他のブロガーの方の文章を見ていると、「よくこんな文章を書けるなー」と思って感心することが多いですね。

そのため、文章って言うのはやっぱり才能なんだなと思ったりもするのですが、先日買った

文章表現 四○○字からのレッスン」という梅田卓夫さんの本

を読んで、すてきな文章を書くコツというのもあるんだなと感じました。

特に、魅力のない文章としてあげられていた例が、自分の書く文章の特徴に似ているところなどは、まさに目から鱗が落ちたというか、「あまり考えずに文章を書くと、こういう一般的な罠に陥るのだな」と客観的に見れて、自分が文章を書く姿勢を見直す、非常に良いきっかけになりました。

本書はまず、「良い文章とは何か」を定義するところから始まります。そして、その対極にあるのが「平凡な文章」だと位置づけているようでした。

つまり、「自分にしか書けない文章」を書くためには何が必要かということを丁寧に、例をもって読み解いていきます。

下は、私がなるほどと思った内容のうちのいくつかです。

・(いい文章をかけないのは)「私は語彙が貧しいから」ということを理由にする人がいるが、単語を暗記していくと、いい文章が書けるようになるのか⇒問題はそこではない。

 ・具体的な材料なしで書き始めると、最初の方で、「....は~です。」とまとめてしまい、次になくことが無くなる⇒その結果、「○○というものは...」といった一般論で字数を稼ぐだけの文章になってしまい、どんどん「自分にしか書けない文章」から離れていってしまう。

うーん、小学生から今まで、なんとそのような文章を書いてしまってきたことか。。

もう少し早く出会いたかったです。この本か、梅田さんに。

文章表現400字からのレッスン (ちくま学芸文庫) 文章表現400字からのレッスン (ちくま学芸文庫) 梅田 卓夫 筑摩書房 2001-02 売り上げランキング : 113508 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ