Blog用画像をExcelで簡単に加工する方法

みなさんはBlog用の写真や画像をどのように編集していますか?

PhotoShopや画像編集ソフトを使っているという人も多いことと思います。

もちろんそれが使いこなせるに越したことはないんですが、ちょっとした文字や枠線、矢印、吹き出しなどを加えるには、使い慣れたエクセルを使うと便利な場合もあります

特に、写真に説明を加えるなどの加工を施すには重宝します。

では、実際のやり方ですが、まず、画像をエクセルに貼り付け、枠線や吹き出しなど、必要な加工を行います。

image

こんな感じで、普通に加工して結構です。

加工が終わったら、Shiftを押しながら、加工に使用したオブジェクトを全部選択します。画像に含めたいオブジェクトをまとめて選択して、「グループ化」すると、その後の作業がスムーズかもしれません。

オブジェクト選択した状態で、Shiftを押しながらメニューの「編集」を開くと、下のように「図のコピー」という項目が表示されるようになるので、この項目を選択しましょう

image

 

すると、「図のコピー」ダイアログが開きます。いくつかオプションがありますが、概要は以下のとおりです。

image

外観のオプション
画面にあわせる・・・画面の見た目そのままの状態でコピーされます。
用紙にあわせる・・・印刷のプレビューのような状態でコピーされます。

形式オプション
ピクチャ・・・WMF形式でコピーされます。
ビットマップ・・・BMP形式でコピーされます。

大抵は「画面にあわせる」&「ビットマップ」のオプションを選択していれば問題ないと思います。私の試した限りでは、「ピクチャ」よりも「ビットマップ」の方が画質がきれいでした。

「OK」を押すと画像がクリップボードにコピーされますので、それを利用することができます。「ペイント」などのソフトに一回貼り付けて保存するのも良いでしょう。

 

—–Excel2007の場合——

2007になると、今まで使えた「Shift」を押しながらの方法は使えません。ただ、普通にメニューに表示されるようになっていますので、そちらが利用できます。

「ホーム」メニューを選択して、「貼り付け」⇒「図」⇒「図としてコピー」を選択すればOKです。

image

—————————-

 

私はWindowsLiveWriterを利用してBlog記事を書いていますので、そのまま貼り付けてBlogにアップすることもできます。

これは便利ですよ。やり方が気になる人は、私の別サイトの記事「WindowsLiveWriterの使い方-インストール編」なども参考にしてみてください。

 

できた画像はこんな感じ。

image



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ