Perlのインストールとモジュールの管理(Windows・ActivePerl編)

ActivePerl(アクティブパール)とは、ActiveState社が提供している、主にWindows環境(Mac、Linux版もあります)でPerlを実行できるパッケージです。

Windows環境でPerlを動かしてみたいと思った時には、このソフトを利用するのがいいと思います。

 

インストール手順

ActivePerlのページからソフトをダウンロードします。32bitか64bitか、自分のPCの環境に合ったものを選択してください。CommunityEditionは、無料で利用することができます。

image

 

今回私は、「ActivePerl-5.14.2.1402-MSWin32-x86-295342.msi」をダウンロードしました。

それでは早速インストールしてみましょう。

image

 

。。。といっても、基本的には、「Next」を押していくだけです。

インストールが終了したら、きちんとインストールされて、perlコマンドにパスが通っているか、コマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを打って、確認してみましょう。

perl -v


This is perl 5, version 14, subversion 2 (v5.14.2) built for MSWin32-x86-multi-thread
(with 1 registered patch, see perl -V for more detail)

Copyright 1987-2011, Larry Wall

Binary build 1402 [295342] provided by ActiveState http://www.ActiveState.com
Built Oct  7 2011 15:49:44

このようにバージョン情報が表示されたら、インストールは成功です。

 

パッケージの管理

ActivePerlでは、ppmというパッケージ管理機能を利用することができます。

これは、インターネット上のperlもモジュールリポジトリに問い合わせを行いながら、ローカルのリポジトリと同期をとって、パッケージ管理を行う機能です。

コマンドプロンプトで「ppm」と打つと、GUIの管理ダイアログが開くと思います。

image

注意

proxy等が設定されているネットワーク内にいる場合は、proxyの設定を行う必要があります。でないと、固まってしましますから。。

proxyの設定は、Windowsの環境変数に「http_proxy」を追加し、「http://proxy.xxxxxx.jp:8080」か、ユーザ名とパスワードが必要なproxyサーバであれば、「http://username:password@proxy.xxxxxx.jp:8080」のように設定します。

 

パッケージのインストールは比較的直観的な操作によって行えます。

下の図のように、「View all packages」を押すと、未インストールのものも含めて、すべてのパッケージが表示されますので、インストールしたいパッケージを右クリックして、「Install [パッケージ名]」を選択すると、「このパッケージをインストールします」というマークを付けたことになります。

image

 

image

 

いくつか、インストールしたいパッケージにマークを付けた後、下図のように「View packages to install/remove」を押すと、マークしたパッケージが見れます。

image

 

確認したら、右側の緑の⇒ボタンを押して、インストールを開始しましょう。パッケージのUpdateやremoveも同じように行えます。

image



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

One Response to “Perlのインストールとモジュールの管理(Windows・ActivePerl編)”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ