スマートフォンやタブレットからSalesforceを利用する方法② – ライセンス編

① – 方式編でご紹介したアプリ「Salesforce Mobile」は、無料でダウンロードできますが、利用する際には、その内容によってライセンス料金がかかることがあります。

すこし分かりにくいので、以下に解説します。

image

「Mobile Lite と Salesforce Mobile の比較」 参考:Salesforce.com

 

Salesforce Mobileでモバイル機能を利用するには、ライセンスが必要で、以下の2つがあります。

Mobile Lite・・・標準オブジェクトのみを利用するのであれば、このライセンスで十分です。まずはこのライセンスでモバイル機能を試してみて、実現できない要件がある場合には、上位のライセンス「Salesforce Mobile」を検討してみてはいかがでしょうか。

Salesforce Mobile・・・上位のライセンスで、標準オブジェクト以外のタブの利用が可能です。自分たちのSalesforceアプリで、カスタムオブジェクトタブ、VisualforceタブやWebタブなどの「カスタムタブ」を使用している場合には、こちらのライセンスが必要になるでしょう

上記の表にも記述されていますが、Mobile Liteはすべてのエディション(One App、Enterprise、Unlimited)で無料で利用できます。

Salesforce Mobileについては、Unlimitedエディションでは無料で利用できますが、それ以外のEditionでは追加のライセンスが必要となるので、注意しましょう。

1組織内で利用しているライセンスが多い場合、管理者をUnlimitedエディションとすると、他のユーザでも利用できるようになるという情報もありますので、詳しいことは、Salesforceに聞いてみることをお勧めします。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ