海外で利用できるプロキシ・サーバをすばやく探す方法

IP制限などを回避する際に、サイトの閲覧を特定の国のサーバ経由で行いたい場合があります。

この経由に使われるサーバは「プロキシ・サーバ」(proxy server)と呼ばれます。

ホームページ上で公開されている情報から探すこともできますが、その中からきちんと使えるサーバを探し出すのは、少し手間がかかるため、ツールを使って探す方法をご紹介します。

2016年6月追記  ↓ ↓ ↓

proxyサーバを使う方法は、セキュリティで不安があり、今ではあまり使わないほうが良いと思います。もっと安全性の高い方法については、新たに記事を書きましたので、そちら(海外から視聴制限のある日本の動画サービスを見る2つの方法)を参考にしてください。

 

プロキシを探すには、「CCB」というソフトが便利で、良い(レスポンスの早い)サーバを探せます。

ここのページから、ソフトをダウンロードしてください。「CCB_058b_WIN.zip」のようなzipファイルです。それを、ダウンロード後解凍します。

image

 

解凍したフォルダの中(上図参照)に、「CCB」(CCB.exe)というファイルがありますので、それをダブルクリックで開いてください。

すると、下のような画面が開きますので、赤枠の部分「PROXYリストの収集」をクリックします。

image

 

すると、あらかじめ設定されているプロキシ情報を集めているサーバから、プロキシ・サーバの情報収集作業が行われ、しばらく待つと以下のように候補のプロキシ・サーバがリストアップされます。

ここで表示されるのはあくまでも「候補」です。

image

 

この中から、実際に使えるサーバはそこまで多くありません。そのため、どのサーバが使えるかをテストし、その中で成績の良いサーバを利用することで、快適に閲覧可能なサーバを選ぶことができます。

では、早速、この候補の中で実際に利用できるサーバを見つけていきます。
今回は例として、中国本土のサーバを対象としてみましょう。まず、下図の赤枠の「国籍」の部分を押して、国籍で並べ替えます。
並べ替え後、下の方を見ていくと、「China」とあるのが中国本土のサーバです。

 

image

 

では、中国のサーバリストを選択します。「SHIFT」ボタンを押しながら選択すると、複数のリストが選べます。

image

 

種別がA,B,Cのものがよいです。「不明」となっているサーバは選択しなくてもよいでしょう。
選択できたら、パソコンの「F7」ボタンを押します。
すると、選択したサーバに実際に確認に行き、その結果が表示されます。

下記赤枠の「応答」のところを押して、応答時間で並べ替えてみましょう。
この応答時間が短いほど、高速なサーバだということですので、動画もスムーズに動きやすいということになります。

下の例でいうと、サーバのアドレスが「120.35.31.101」で、ポート番号「8080」のサーバが一番快適なようですね。このようにして発見したプロキシを、自分のブラウザ等に設定することで、プロキシ経由でのサイト閲覧が可能となります。

image

 

もし、このまま、ブラウザにプロキシも設定してしまいたいという方は、こちらの記事「プロキシ経由のサイト閲覧を行う」を参考にしてください。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

One Response to “海外で利用できるプロキシ・サーバをすばやく探す方法”

  1. […] 実際の使い方の手順は、別記事「海外で利用できるプロキシ・サーバをすばやく探す方法」にまとめましたので、参考にしてください。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ