PCが起動しなくなってしまった。。。HDが生きていれば、USB経由でデータを取り出せる方法

うちのノートパソコンにコーヒーをこぼしてしまいました。。

すぐにふき取ったのですが、電源系統がショートしてしまったらしく、電源を入れても、ウンともスンとも反応しません。。

このノートパソコンには、自炊して電子データ化した蔵書が100冊あまり入っていたこともあり、あきらめるにあきらめきれない。

かといって、修理に出して、データを抽出してもらうのも高そうだしな。。と悩み続けて1カ月、偶然、非常にいい方法を知ってしまいました。

巷には、ハードディスク(HD)さえ生きていれば、それに直接接続し、それをUSBで別のパソコンにつなげるケーブルが売っています。

2000円~4000円くらいのものなので、非常に安くて済みますし、ひとつ持っていれば、今後も安心です。

ということで、買ってきて、早速データの救出を行うことにしました。

私が買ってきたのは、GroovyのHDD簡単接続セット「UD-500SA」です。

PCに内臓されているハードディスクには、主に

デスクトップ用PCハードディスク(3.5インチ)  や、

ノートPC用ハードディスク(2.5インチ)

が有りますが 接続部分の形にも、

内蔵用ドライブの接続規格として最も普及しているIDE(ATA133/100/66/33)  と、

現在急速に増えているシリアルATA(S-ATA)

があります。

私は、自分のHDの接続部分の形を確認しないまま電気屋さんに行ったので、両方対応のものを買いました。

どちらの形か分かっている方は、そちらに対応したものを買えばいいと思います。

帰宅後、ノートパソコンから内臓HDを取り出し、買ってきた「UD-500SA」を接続して、もう一方をUSBでパソコンに接続します。

それ以外には特に難しいところは無く、取りだしたHDの中のファイルがパソコンの中から見え、無事、蔵書のデータを救出することができました。

すごくあっけなく終わりますよ。困った時にはお試しあれ!

購入時には、HDDの大きさと端子の接続の形に気をつけてくださいね。

image

 

・私が買った「UD-500SA」 2.5/3.5/5インチ対応

アマゾンで見てみる

HDDをUSB SATA&IDE-USB2.0変換アダプタケーブル UD-500SA

 

・それ以外のHDD簡単接続セット

アマゾンで見てみる

各通販で最安値を横断検索

アマゾンで見てみる

各通販で最安値を横断検索

アマゾンで見てみる

各通販で最安値を横断検索

タイムリー GROOVY HDDをUSB IDE接続3.5/5.25 SATAドライブ用 3.5/5インチ対応 UD-301S

アマゾンで見てみる

各通販で最安値を横断検索

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ