EpochTime(エポックタイム)を変換する (Java編)

JavaでエポックタイムをDate型にしたり、Date型をエポックタイムに変換するTipsです。

EpochTime(エポックタイム)とは
そもそも、エポックタイムとは何でしょうか。
EpochTimeはUnixTimeとも呼ばれ、1970年1月1日00:00:00を基準にして、それから何秒たったかを数値にしています。
Javaで操作する場合には、long型が適切です。
Unixの世界では良く使われているので、このような呼ばれ方もするのですね。

 

JavaによるEpochTime⇔Date型の相互変換

では、早速、変換してみましょう。

 

Date型 → EpochTime

public static long getEpochTime(String strDate){

	Date lm = new Date(strDate);
	return lm.getTime();

}

 

 

EpochTime → Date型

public static String getDateFromEpoch(long epochtime){

	SimpleDateFormat sdf = new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd");
	return sdf.format(new Date(epochtime*1000));

}

 

 

EpochTimeの単位について一点、気をつけたいのは、「epochtime*1000」の部分です。 Epoctimeは、ミリ秒で表現される場合と、秒で表現される場合があります。 1339066619のように、10桁で表現されている場合は、上記のように、1000を掛けて、ミリ秒に直してあげましょう。元々ミリ秒の場合は、1000を掛けずにそのままで大丈夫です。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ