Salesforceでデバッグレベルを設定してデバッグログを出力する

以前、Salesforceのapexコード内でデバッグログを出力する方法について記事を書きましたが、

debugレベル以外のログ出力の方法について補足しておきたいと思います。

Salesforceではとにかく、デフォルトで大量のログがはかれることになるので、debugレベルではなく、Infoレベルでログを吐きたいと思ったので。。

infoや、それ以上のレベルでのログ出力を行う場合は、以下のコードを記述します。

system.debug(Logginglevel.INFO,'★logging'+eventSO.EventType__c);

 

eventSO.EventType__cの部分は、変数なので、自分の環境に合わせて変更してください。

また、Salesforceでは、debug、info以外に、以下のログレベルも設定できます

レベルの低いほうから、

ERROR,WARN,INFO,DEBUG,FINE,FINER,FINEST

になります。

また、ERROR,WARNに関しては、

System.debug(Logginglevel.ERROR);

 

のような使い方も可能です。

Salesforceのシステム関数のページ>>

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ