eclipseにJava Decompilerプラグインをインストールしたが、エラーで動かない場合の対処法

前回の記事で、eclipseにJava Decompilerプラグインをセットアップしましたが、動かない場合があります。

その原因と対処法について、2通りご紹介したいと思います。

 

①class用のエディタが正しく設定されていない。

Eclipseでclassファイルを開くためのエディタを正しく設定する必要があります。

Window -> Preferences -> General -> Editors -> File Associations

を確認してください。

image
 

 

「J010」のアイコンのClassFileViewerではなく、コーヒーカップのアイコンのViewerが設定されていることを確認しましょう。

 

②ClassFileEditorのライブラリが正しく呼び出されていない。

eclipseに下記のようなエラーが出ている場合は、Java Decompiler用のClassFileViewerを開く際にロードするライブラリが正しく読みこめていません。

java.lang.UnsatisfiedLinkError: D:eclipseconfigurationorg.eclipse.osgibundles2101.cpliblinuxx86libjd-eclipse.so:
Can't load this .dll (machine code=0x101) on a IA 32-bit platform
at java.lang.ClassLoader$NativeLibrary.load(Native Method)
at java.lang.ClassLoader.loadLibrary0(Unknown Source)
at java.lang.ClassLoader.loadLibrary(Unknown Source)
at java.lang.Runtime.load0(Unknown Source)
at java.lang.System.load(Unknown Source)

 

 

こんな時には、

<workspaceのディレクトリ>.metadata.pluginsorg.eclipse.core.runtime.settings

にある「org.eclipse.ui.workbench.prefs」をテキストエディタで開いて、

<defaultEditor id=”jd.ide.eclipse.editors.JDClassFileEditor.linux.x86″/>

linuxwin32に変更すると正しいライブラリが読み込まれ、開けるようになります。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

One Response to “eclipseにJava Decompilerプラグインをインストールしたが、エラーで動かない場合の対処法”

  1. […] それでも、何かエラーが出て動かない場合は、こちらの記事を参考ください。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ