OracleBIのAdministrationToolのデバッグ方法

64bitのWindows7にOracleBI(Business Intelligence)をインストールしたのですが、メタデータの定義で接続先を設定する際にどうもエラーが出てしまう。。

ダイアログで「接続に失敗しました」とだけ表示されるので、なかなか原因がつかめず悩んでいたのですが、ログを見ることで原因の特定が容易になったので、メモ。

まず、AdministrationToolのログは、

<BIインストールDir>instancesinstance1diagnosticslogsOracleBIServerComponentcoreapplication_obis1

の下に「xxx_NQSAdminTool.log」というような名前で吐かれます。

 

私の場合、OCI経由でも、ODBC経由でもエラーになっていたのですが、それぞれ、以下のようなエラーログが吐かれていました。

・OCI経由のエラーの場合
Oracleゲートウェイのエラー: OCIEnvNlsCreate or OCIEnvInit failed to initialize environment. Please check your Oracle Client installation and make sure the correct version of OCI libraries are in the library path

 

・ODBC経由のエラーの場合
ODBCのエラー状態: IM004、コード: 0、メッセージ: [Microsoft][ODBC Driver Manager] SQL_HANDLE_ENV でのドライバーの SQLAllocHandle は失敗しました。

 

そのうち、現在解決したのはOCI経由のエラーのみです。OCI用のライブラリのロード順が、複数のOracle製品をインストールしたことによって適切になっていなかったようで、Windowsの環境変数の「path」に32bit版のOracleHomeのbinのパスを最初に追加することで解決しました。

ODBCの場合も、ここ書いてあるように、読み込むライブラリの順番が関係していそうですが、今のところ、解決できず。。解決したら、またエントリを書いておきます。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ