OracleBIでSQLクエリのログを有効にしてデバックする方法

OracleBIでは、サブジェクトエリアで項目(カラム)やメジャーを選択して、結果を表示させることになりますが、サーバの背後で解釈・発行されているクエリを見ることで、メタデータの理解やトラブルシューティングに役立てることができます。

このクエリ用のデバッグログはデフォルトでOFFになっていますので、有効にする方法を。

 

もっとも簡単に設定する方法は、rpd(リポジトリ)ファイルを「オンライン」で開き、クエリログを有効にしたいユーザのログレベルを上げることです。

 

①AdministrationToolを「オンライン」で開き、「管理(manage)」→「アイデンティティ(Identity)」を開く。

image

 

 

②「アクション(Action)」→「オンライン・ユーザ・フィルタの設定(Set Online User Filter)」で設定したいユーザを検索する。下記例は「weblogic」ユーザを探しています。

image image

デフォルトではユーザのところに何も表示されないので、明示的にフィルタリングすることにしましょう。

 

 

③ユーザが見つかったら、それをダブルクリックしてダイアログを開き、ログレベル(LOGLEVEL)を上げる。(下記はログレベルを5にして、一番詳細にログが出力されるようにした図です。)

image image

 

上記の設定が終われば、チェックインして、サーバに反映しましょう。すると

<BI_HOME>instancesinstance1diagnosticslogsOracleBIServerComponentcoreapplication_obis1

に「nqquery.log」という名前でログが出力されるようになっているハズです。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ