war,earを再パッケージングする(jar コマンドの使い方)

OracleBIやweblogicなど、製品としてインストールされたコアなWebアプリのcssやhtmlをいじって、見た目やリンク先を変える必要に迫られたので、そのときのメモ。

そもそも、earやwarという拡張子のファイルは、Webアプリケーションをひとまとまりとしてパッケージングして、管理やデプロイをしやすくしたものですが、実はzip形式だというのは良く知られた事実です。

そのため、それらのファイルの中身を編集して再パッケージするには、以下の手順でOKです。

※zipに変更しなくても、jarコマンドで解凍できますので、それでもOK!解凍コマンドは下にも記述しました。

 

①warまたはearの拡張子をzipに変更する。

②適当な解凍ソフトで解凍する。

③解凍すると、webアプリを構成するモジュール(.class,.html,css等)が展開されるので、修正したいソースを見つけて、修正。

④jarコマンドで再度パッケージする。

 

④のjarコマンドですが、再パッケージ対象のソースがあるディレクトリで、以下のコマンドを打ちましょう。

  jar cvf <name>.war *

または

   jar cvf <name>.ear *

jarコマンドのオプションは以下の通りです。

オプション 説明
c 新規jarファイルを作成
v コマンドラインに処理内容を表示
f jarファイル名を指定する
x jarの中身を取り出す
t jarファイルの中身を表示

 

 

その他の便利なオプション

・ear,warを解凍する

jar xvf <name>.ear *

・ear,warの中身を表示させて、確認する

jar tf <name>.ear *



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

One Response to “war,earを再パッケージングする(jar コマンドの使い方)”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ