LinuxからWindowsにリモートデスクトップでアクセスできるRemminaが便利

一昔前までは、LinuxからWindowsのデスクトップにリモートでアクセスするためにはVNCを使うのが一般的でした。

でも、世の中ずいぶん進化しているんですねー。最近ではリモートデスクトップ(RDP)で接続できます。

操作感、セキュリティともにRDPの方が上だと思いますので、これからやってみようという人は、ぜひ、RDPを試してみてください。

では、今回私がやろうと思ったことと、その方法について書きたいと思います。

 

やりたいこと

今、私が外に持ち歩いているネットブックは、Vaio p50で、LinuxMint13がインストールされています。さらに、Windowsでないと動かない常時起動のソフトがあることから、VPSでWindows2013Serverを契約しています。このWindowsに外出先からRDPでアクセスしたいわけです。

 

ソフトのインストール

LinuxでRDP接続を行うには「Remmina」を利用すると便利です。「Remmina」はリモートデスクトップのクライアントソフトで、RDPやVNCのの形式でサーバに接続するクライアントとして使うことがでいます。

LinuxMintやubuntuでは、以下のようにインストールできます。

ただ、バージョンによってはaptのリポジトリが古い場合もありますので、最初に、

sudo apt-get update

しておくとよいでしょう。その後、

sudo apt-get install remmina

を行うと、「インターネット」⇒「Remmina リモートデスクトップクライアント」というメニューができているはずです。起動すると、

image

 

 

こんな画面が開きます。左から2番目のアイコンをクリックすると、以下のような画面が開きますので、今回はプロトコルで「RDP」を選択し、サーバ接続の譲歩を入れればすぐに接続可能です。

image

 

 

さっそく接続してみると、、、

image 

 

 

いかがでしたでしょうか。画面もとってもきれいでしたよ。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ