iOS7またはiPhone5で不要なアプリを強制終了する方法

iPhoneで、アプリの挙動がおかしくなったり、メモリの使用量を抑えたい場合に、不要なアプリを強制的に終了させたい場合があります。

以前のバージョンのiPhoneでのアプリでは良く行っていたのですが、iOS7になって、強制終了のさせ方が変わっており、一見分かりにくくなってしまいました。

ようやくやり方が分かったので、メモしておきます。

 

①起動されているアプリ一覧の表示
最初に、今、起動されているアプリの一覧を表示させます。
iPhone本体の下部、丸い「Homeボタン」を2回押しましょう。

すると、以下のような画面になり、現在起動されているアプリケーションが表示されます。
一覧のアプリを横にスライドさせるなどして、強制終了したい対象のアプリを探しましょう。

 

②強制終了させたいアプリのイメージを上にスワイプ
目的のアプリを見つけたら、アプリのイメージ部分を上にスワイプします。

2013-12-06 13.29.33_2

 

これで、目的のアプリを終了させることができました。
ご参考になれば幸いです。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ