複数の端末で、「あとで読む」行為を簡単に行えるサービス『Pocket』が便利

通勤時や空いた時間に、気になってストックしていた記事を読む、通称「あとで読む」系のサービス。

最近、人気の高いのが、「Pocket」です。

様々な端末から「Pocket」に記事をストックしておけば、ブラウザやスマートフォンなどの端末で、あとでじっくり記事を閲覧することができるようになります。

Evernoteと何が違うの?と思いますが、「Pocket」の良いところは、ストックした記事を、閲覧する端末に最適化して見ることができることです。つまり、閲覧する端末で、一番みやすい形に成形して記事を見せてくれます。

もちろん、ストックした記事に対して、タグをつけたりして整理することもできますよ。

 

アカウント作成の手順

1
 

 

まず、「pocket」のサイトに行って、「Sign Up Now」ボタンを押します。

2
 

 

その後、Emailとユーザ名、パスワードを入力して「Sign Up」ボタンを押すと以下のような画面になりました。「Get Started」を押して、さっそく使い始めましょう!

3
 

 

上記の「Get Started」ボタンを押すと、自分のキュー画面になります。「キュー」とは、Pocketにストックした記事のことで、最初は「YOUR QUEUE IS EMPTY」と表示されています。

会員登録も終わり、自分のpocktにキューを追加できる状態になったので、今度は、自分のPCのブラウザやスマートフォンからキューに記事をストックできるようにします。

下記の画面で、「Connect Now」のボタンを押すか、このURLにブラウザでアクセスすると、お使いのブラウザにPocketへの追加機能をインストールすることができます。

4
 

 

 

 

各端末での「Pocket」への記事追加アプリのインストールと追加の仕方

 

Firefoxの場合

このページにあるアドオンをインストールします。 5
 

 

Firefoxの場合は、インストール後、ブラウザを再起動すると、

7
 

 

のようなアイコンが表示されているハズです。

これは、ブラウザの右側に表示され、「pocket」の設定を行うボタンです。

実際にpocketに記事をストックするには、URLの右(下記画面左側)のボタンを押下します。

グレー色のボタンが、ピンクに替われば、記事がストックされています。

8
 

 

9
 

 

のようにアイコンが変化するハズです。

 

Chromeの場合

 

このページの機能拡張を使います。 10
 

 

Firefoxとことなり、ブラウザ上部の右端に記事の追加ボタンが表示されることに注意。

11
 

 

記事の追加に成功すると、ピンク色になるところは同じですね。

12
 

 

 

iPhoneの場合

iPhoneやiPadなどのiOS系の場合には、Bookmarkletを使えば、ブックマーク感覚でPocketへの追加ができます。

少し、コツがいるので、順を追って説明します。

 

①アプリのインストール

最初にiOS用のアプリをインストールします。ストックした記事を閲覧するのに利用します。また、このアプリをインストールしておくと、iOSのブラウザからpocketに記事をストックするブックマークレットを登録するのも簡単です。

 

②Bookmarkletの登録

アプリのインストールが終わったら、さっそく開いてみましょう。作成したpocketのアカウントでログインするのを忘れずに。

開いたら、下記の赤枠の部分を順にクリックして、行きます。 2014-02-16 18.11.37 2014-02-16 22.14.05 2014-02-16 22.14.18 2014-02-16 22.14.39

上記の黄色い「Install」ボタンを押すと、ブラウザが起動します。 2014-02-16 22.14.49

ブラウザが起動したら、画面の指示に従っていきましょう。「Let’s do it!」を押すと、「1.Tap」沿うように指示がありますね。少しOSのバージョンが古い画面ですが、iOS7系の場合は、以下のように、画面下部の上矢印の保存ボタンを押します。 2014-02-16 22.15.01

すると、保存先を聞かれますので、ブックマークを選びましょう。 2014-02-19 23.16.06

すると、以下のような画面になりますが、ここではいったん、「Done」ボタンを押して保存します。 2014-02-16 22.19.39

次に、保存したブックマークを編集します。まず、画面下部のブックマークボタンを押し、編集を開始しましょう。 2014-02-16 22.16.35 2014-02-19 23.16.56 2014-02-19 23.17.11

下記のような編集画面になったら、URLの部分を全部消し、次に、同じところにペーストを行います。ペーストされるブックマークレットのURLはクリップボードに記憶されていますので、そのまま、貼り付ければOKです。 2014-02-16 22.19.49 2014-02-16 22.23.32

上記右のようなURLが貼り付けられれば、OK。完了です。

これで、Safariで閲覧中に、pocketにストックしたい記事があれば、ブックマークボタンから、今回保存したブックマークレット「Save to Pocket」を選択することで、ストック可能となります。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ