Oracle Business Intelligenceの稼働 Step by Step (インストール)

それでは、Oracle Business Intelligenceをインストールしていきます。

早速、インストーラをダウンロードしてダブルクリック。。としたいところですが、最初にリポジトリを作成しておく必要があります。

リポジトリの作成は「Repository Creation Utility(rcu)」を使って行いますので、こちらの記事を参考に、リポジトリを作成しておきましょう。

 

作成が終わったら、いよいよBIのインストールを行います。

インストーラはこのページなどからダウンロードしておきます。

私がダウンロードした時は4つのzipファイルに分割されていました。それぞれのzipファイルを解凍すると、「Disk1」から「Disk4」のディレクトリができますので、このディレクトリのまま(まとめることなく)、Disk1の下にある「setup.exe」をダブルクリックしてインストールを開始します。

 

image   image

 

 

image image

 

 

image image

 

 

image image

 

 

image image

 

 

image image

 

 

 

基本は、ウィザードに従って行けば、あまり迷うところはないと思います。

躓きそうなところとして、接続文字列のところは、エラーが出てうまく設定できない場合は、Oracleの「tnsnames.ora」を確認すると設定すべき文字列が分かります。

 

インストールが終わると、自動でブラウザが立ち上がり、

image

 

 

といったログイン画面が開きます。ここに、「weblogic」ユーザでログインすると、以下のような画面が表示されて、簡単なサンプルを動かせるはずです。

 

image

 

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ