高機能暗記カード・アプリ「Anki」で、覚える効率が飛躍的にあがった

何かを覚えるときに昔から使われてきた「暗記カード」。この年になって、再び使うことになろうとは、、、、。

昔と違って、今は、スマホを使った暗記カードアプリを使った方が持ち歩きにも便利ではないかと思い、いくつかのアプリを使ってみました。

ちなみに、私がこのたび暗記カードを使う目的は、語学学習のためです。

どの暗記カードアプリを使うかは、使う方それぞれの目的によって異なると思いますが、私は、以下の点を重視して選んでいます。

 

・暗記カードの作成(データの入力)はPCでできること。

・作成した暗記カードをスマホ(iPhone、Android)で使用できること。

・作成したカード側(PC側)と利用端末(スマホ側)の同期が容易であること。カードを少し追加するたびに、いちいちアップロード/ダウンロードやエクスポート/インポートするのはめんどくさいな。。。

・カードに音声ファイルを使用できること。

・忘却曲線を考慮した暗記トレーニングができること。

 

この結果、私の目的にかなっており、一番使いやすくて効果のあったのは、「Anki」というフリーのソフト(iPhone版は有償。ただ、払う価値あり。私は買いました。)でした。

このAnki、海外製のソフトですが、世界中の方が語学学習や講義内容の暗記、試験対策に利用しています。

また、メニューも日本語化されており、日本語で利用するのも問題ありません。

では、それぞれの観点について、「Anki」の特徴をご紹介します。

 

下の図は、左がWindows版、右がiPhone版の使用中のキャプチャです。

 

image          image

 

 

 

Ankiの便利なところ

・暗記カードの作成(データの入力)はPCでできること。

・作成した暗記カードをスマホ(iPhone、Android)で使用できること。

・作成したカード側(PC側)と利用端末(スマホ側)の同期が容易であること。

 

カードを少し追加するたびに、いちいちアップロード/ダウンロードやエクスポート/インポートするのはめんどくさいな。。。

AnkiはWindows版、Mac版、Linux版、iPhone版、Android版など、さまざまなOSに対応しています。

異なる端末にインストールされたAnki同士の同期は、AnkiWebと呼ばれるインターネット上のサイトを中継して行われるため、Window版で作成した暗記カードを

通勤時にスマホで利用するといったことが簡単にできます。

もちろんスマホで学習した結果もAnkiWebを通してPC版にも反映されますから、帰宅後にゆっくり、通勤時に中断した暗記学習を継続することが可能です。

なお、もちろんエクスポート/インポートにも対応していますので、他の人が作った暗記カードをインポートして利用することもできます。

AnkiのWebサイトでは、世界中の人が自作の暗記カードを公開しているので、それをダウンロードしてインポートすることで、手軽に他人の作ったカードを利用することができます。

 

・カードに音声ファイルを使用できること。

 

私が暗記カードアプリを利用する目的が語学学習であることは、上に述べました。

その中でも私が重視したのは「発音」です。

そのため覚えたい英単語や英文に対して、なるべくネイティブな人の音声のファイルを添付するようにしています。

Ankiでは、カードに対して音声などのメディアファイル、画像なども添付することができます。

他の暗記カードアプリが、テキストしか入力できないのに対して、この特徴はものすごいアドバンテージだと思います。

ちなみに、入力するテキストに対しても様々な装飾を行うことができます。

赤字や太字、右寄せ、左寄せなど、暗記の効率を高め、なおかつ楽しく暗記作業をおこなっていくためには、重要な特徴ですね。

 

・忘却曲線を考慮した暗記トレーニングができること。

 

暗記対象のカードの中には、覚えやすいカード、覚えにくいカード、どうしても覚えられないカードなど、脳に定着しているレベルにばらつきのあるカードが存在します。

それらのカードを毎回最初からめくっていくのはなんとなく無駄な時間だと思いませんか?

Ankiは、暗記しているカードを「もう一回」「普通」「簡単」の3段階で判定しながら学習します。

そして、「もう一回」と判定したカードは学習中に何度も表示され、また、後日、短いスパンで表示されることになります。

これは、覚えてない内容は数日中に再度記憶を試みることにより、脳への定着がよくなるという忘却曲線を意識したもので、これにより、覚えていないカードを重点的に学習することができることになるわけです。

 

Ankiのインストール

それでは実際にAnkiをインストールして、簡単な暗記カードをPCとiPhoneで同期をとりながら動かしてみます。

また、Ankiを使った暗記学習の流れがどんなものなのか、他の方が作成した暗記カードを取り込んで動かしてみましょう。

 

はじめに、Ankiのサイトに行って、ソフトをダウンロードします。

 

image

 

 

image

 

 

 

今回、私がインストールしたのは、Windows版でした。

通常のソフトと同じように、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすればインストールできます。

 

インストールが完了したら、早速ソフトを起動してみましょう。

Ankiは、起動時にAnkiWebへの同期を行いますので、初回起動時には、AnkiWebへのアカウント登録が促されます。

 

image       image

 

 

上記で「登録」リンクを押すと、ブラウザでAnkiWebが開かれます。

ここで、「Sign Up」リンクを押下して、アカウントの作成を行います。

 

image

 

 

 

アカウントが作成できたら、下記ダイアログに作成したアカウントとパスワードを入力してください。

Ankiの画面が表示されるはずです。

 

image      image

 

 

 

早速自分で暗記カードを作成していってもよいのですが、まずはAnkiでどんなことができるのかを確認する意味で、既に他の人が作ってくれている暗記カードのデッキを取り込んでみましょう。

 

他の人が作成してくれたデッキは、先ほどのAnkiWebにたくさんアップロードされています。

https://ankiweb.net/shared/decks/

 

ここに行ってみると、さまざまなカテゴリがあることが分かりますね。

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

これらの中から、「必ず使える英会話(初・中級) 英語」を選んでみます。

上記「Download」リンクを押してダウンロードしたデッキファイルを、Ankiの「読み込む」メニューを選択して読み込んでみましょう。

 

image

 

 

image     image

 

 

読み込み後は単語帳(デッキ)名をクリックし、「学習する」ボタンを押すと、暗記を開始することができます。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ