バージョンアップを伴うWrodpressサイトの移行手順

別のVPSサイトでWordpressサイトを運営していましたが、さくらVPSのSSDオプションを使用したくて、移行を行うことにしました。

旧サイトはPHPのバージョンが古かったため、Wordpressのバージョンも古いままにせざるをえなかったのですが、今回はPHPのバージョンもあげられるので、Wordpressのバージョンも一気に4.4.1に変更することにします。

移行の方法として、DBの中身をエクスポートし、そのまま新サイトのWordpressのDBにインポートする方法もありますが、Wordpressのバージョンが変わると、DBの構造も細かい部分で変わっていたり、DBデータには、旧サイトで試したプラグインの、不要なデータも残っていそうなので、DBをまるごとエクスポートするのではなく、記事をエクスポートして、それを新サイトにインポートする方式にしようと思います。

 

手順は以下の通りです。

  • 旧サイトから記事をエクスポート
  • 旧サイトのメディアデータをバックアップ
  • 記事を新サイトにインポート
  • 画像ファイルのアップロード

 

旧サイトから記事をエクスポート

始めに、移行対象の記事をエクスポートしておきます。

WordPressの管理画面で、「ツール」⇒「エクスポート」を選択します。

「エクスポートする内容を選択」しますが、これは「すべてのコンテンツ」を選択すると、記事だけでなく、カテゴリやタグも一緒に移行できますので、便利だと思います。

WS000000

 

「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンを押下すると、対象のファイルがXML形式でダウンロードされますので、ローカルのPCの適当なディレクトリに置いておきましょう。

 

旧サイトのメディアデータをバックアップ

旧サイトで記事に使っていた画像ファイルをローカルPCにダウンロードしておきます。

WinSCPなどのソフトでWordpressをインストールしていたディレクトリの「wp-content」配下の「uploads」ディレクトリをそのままの構造でダウンロードしましょう。(WordPressはこのディレクトリにアップロードしたファイルを置きます。)

 

記事を新サイトにインポート

さて、いよいよダウンロードしたxml形式の記事を新サイトにインポートします。

今回の移行では、旧サイトでブックマークしてくれたユーザさんのリンク等はそのままにしておきたいので「同じドメイン,URLをする」という前提があります。

そのため、旧サイトから必要なデータをダウンロードしたら、新しいサイトにも同じURLでアクセスするため、Windowsであれば、「hosts」ファイルを書き換え、新サイトのドメインとIPアドレスをマッピングさせておきます。

また、インポートには、Wordpressで「インポートツール」プラグインが有効になっている必要があります。インストールして、有効化しておきましょう。

WS000001

有効化を確認できたら、インポート作業に入ります。

「ツール」⇒「インポート」をクリックします。すると、インポート元のシステムを選択できる画面に行きます。旧サイトもWordpressですので、「Wordpress」を選択しましょう。

ここで、先ほどダウンロードしたファイルをアップロードすればいいのですが、選択する前に、アップロードできるファイルの最大サイズを確認しておきましょう。多くの場合、デフォルトで2Mとなっています。記事数が多いと、簡単に2M超えてしまうので、移行対象の記事がアップロードできるサイズまで大きくしておきます。

import2

さて、最大サイズを増やして、「ファイルをアップロードしてインポート」ボタンを押下すると、以下のような画面になります。

import3

「Import Attachments」オプションにチェックを入れると、添付ファイルをダウンロードしてインポートしてくれます。特にメディアとしてアップロードした画像や、アイキャッチの画像は、これをチェック入れて取り込まないと紐づけができませんので、チェックを入れておきます。また、後程、画像ファイルのアップロードもおこないますが、これは、過去の画像は、メディアのアップロードを使わないで記事を書いていた経緯もあり、メディアとの紐づけがないので、手動で画像ファイルそのものを上書きアップロード(メディアの分は上書きされる)します。

アップロードが終われば、記事のインポートが完了です。

 

画像ファイルのアップロード

ただ、このままでは、記事中の画像ファイルがリンク切れになってしまいますので、画像をアップロードします。アップロード前に、一回、画像ファイルをアップロードしておくと、適切な権限でUploadsディレクトリが作成されますので、簡単です。

 

まとめ

以上が、Wordpressのバージョンが古い旧サイトから、最新の新サイトに移行するのに私が行った手順です。

今回はドメイン名やURLも変更しないという目的もあったのですが、特に問題なく移行できました。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ