MySQLのサンプルデータを用意する

各データベースには、機能やパフォーマンスを試してみたりするためのサンプルデータが用意されていることがあります。

それらを利用すれば、一からCreate Tableしたり、関連性のあるデータを作る手間が要らないため、検証に利用させてもらう場合が多いです。

特に最近では、BIを使った仕事も多いのですが、いろいろなBIツールを検証するにあたって、

最初からファクト・テーブルを作ったり、ディメンションをつくるのは大変なので。。

 

今回は、MySQLのサンプルデータの在り処をご紹介します。

はじめにMySQLのホームページに行って、「Documentation」タブを押下します。

そこから、「More」タブをクリックすると、サンプル・データベースへのリンクのあるページに遷移します。

 

mysql-panel

 

 

 

いくつかサンプルがあるようですので、簡単に説明しますと、

 

employee data・・・BIの検証とかにも使える大量データです。

world database / world_x database・・・世界の国と都市のデータです。xの付いた方がUTF-8なので、日本の我々はxがついた方が使いやすいかもしれません。

sakila database・・・最近できた。DVDレンタルショップのマスタ。トランザクションデータがセットアップできます。

menagerie database・・・ペットのデータのはいった小さなサンプルです。

 

といった感じになっています。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ