Salesforceのデータを検索・確認できるGUIツール② Force.com Explorer

Force.com ExplorerはAdobe Flashでできたデータベースエクスプローラです。

オブジェクトのフィールドや、ラベルを確認するのに便利で、

SOQLクエリの構築も行えますので、構文を確認したりするのにも重宝します。

あまりバージョン更新がされず、APIが少し古かったりもするのですが、

それでも、Workbenchよりもすばやくデータの確認を行える手軽さは、

開発時に大いに役立つはずです。

 

 

 

Force.com Explorerの便利な使い方

いろいろと便利に使えますが、代表的なTipsをご紹介します。

 

1.クエリの確認を行う。

左ペインにオブジェクトが表示されていますので、

それを選択したり、項目を選択することで、クエリの構築ができます。

自分で項目名を記述する必要がないので、間違いが少ないのと、

複雑なクエリが正しいのかの確認にも使えます。

 

 

 

 

2.レコードの更新を行う。

発行したクエリの結果は、更新することができます。

結果のカラムをダブルクリックすれば、編集可能ですので、

そのまま変更すれば、Salesforceのデータも更新されています。

 

 

 

3.検索結果をcsvにエクスポートする

地味に重宝するのが、クエリの結果csvファイルにエクスポートできることです。

テスト時のエビデンスを取得するのに便利ですよー。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ