Salesforceのデータを検索・確認できるGUIツール① WorkBench

Salesforceのデータを手軽に検索、更新する場合に使えるのが、Workbenchです。

オープンソースのWebベースの別アプリケーションですが、

Salesforceとのシングルサインオンも実現されているので、Salesforceと同じログインIDを使用することができます。

SalesforceのIDでOAuth認証を行って権限委譲し、APIを使ってSalesforceからデータを取得したり、操作したりしているイメージですね。

Workbenchを使うと以下のようなことができます。

 

Workbenchでできること

  • Salesforce の APIを使って、データの検索・更新・削除等ができる
  • 検索の結果を CSV ・XML形式に出力できる
  • CSV ・XML形式からのデータ更新(Dataloaderと同じようなこと)ができる
  • データの検索結果からSalesforce上のデータを閲覧できる
  • WebベースのクライアントでREST-APIの確認ができる

では、早速つかってみることにしましょう。

 

ログイン

はじめにログインを行います。

ここから接続先の環境とAPIバージョンを選択して、進みます。

ここで選択した内容が、接続先のEndpointになります。

 

 

 

先に進むと、Salesforceのログイン画面が表示されます。

 

 

 

上記で入力したユーザIDでSalesforceに対して認証を行い、OKであれば、

下記のアクセス許可の内容で許可した権限がWorkbenchに委譲されます。

 

 

 

さて、ログインできたら、ひととおりWorkbenchでできることを確認してみます。

 

オブジェクトのメタ情報確認

メニューの「Info」⇒「Standard & Custom Objects」を選択すると、以下のような画面になります。

ここで、対象のオブジェクトを選びます。

通常のオブジェクト情報を確認するには、「Standard & Custom Objects」を選ぶといいでしょう。

 

 

 

 

その後、対象のオブジェクトを選ぶと、そのオブジェクトのメタ情報が書くにできます。

フィールドや属性が確認できますね。

 

 

 

 

SOQLによるデータ検索

Workbenchには、WebのGUIで、SOQLを構築し、データを確認できる機能もあります。

下記のように、オブジェクトを選択し、セレクト対象のカラムを

「Ctrl」を押しながら複数選択すると、SOQL文が構築され、「Query」ボタンを押せば結果が表示されます。

Id項目はリンクになっており、押下すると、そのレコードの詳細を確認したり、

更新したりできる画面に遷移します。

 

 

 

 

SOSLによるデータ検索

SOSLによる検索もできます。

SOSLはグローバル検索のように、複数のオブジェクトを跨いだ検索が可能です。

SOSLクエリは癖があり、構文に慣れるまではSOSLクエリを書きにくいので、

GUIで構築できるWorkbenchは結構重宝します。

 

 

 

データの挿入・更新・削除

メニューの「data」には、Insert,Update,Upsert,Delete,Undelete,Purgeなどのリストがあり、DataloaderでできるようなことがWebから実行できます。

ファイルでの更新にも対応していますが、

あまりに大量のデータで実行するとタイムアウトする可能性もあるので、注意しましょう。

ただ、手軽にデータを更新するには非常に便利な機能です。

 

 

 

 

 

REST APIの実行、確認

Salesforceで提供しているREST APIを実行したり、確認したりすることができます。

REST APIによる開発時にクエリの構文や実行結果を確認するのに便利です。

 

 

 

/services/data/v36.0/query?q=SELECT+Id+,+Name+,+AccountNumber+FROM+Account

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SalesforceのAPIを使って構築されているWebアプリなので、

非常に直感的で、特に、開発者にとっては

イメージしやすいのではないかとおもいます。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ