Windows版のMySQLでクエリのデバッグログを出力する方法

開発時などに、MySQLサーバに対して発行されたクエリを確認したいことがあります。

そのような場合に利用できるクエリのログ出力機能は2種類あります。

一つは、発行されたクエリを出力するクエリログ(general_logと呼ばれます)

もう一つはスロークエリログと呼ばれ、ある一定時間を超えたら、そのログを出力するというものです。

 

ログ出力設定の方法

Windows版のMySQLでログ出力を行うには、設定ファイルである「my.ini」に、

以下の行を追加します。

 

log-output=FILE
general-log=1
general_log_file="C:Program FilesMySQLMySQL Server 5.5logquery.log"
slow-query-log=0
slow_query_log_file="C:Program FilesMySQLMySQL Server 5.5logslowQuery.log"
long_query_time=10

 

設定内容ですが、「general-log」と「slow-query-log」の引数は1または0で、

1ならログ出力を行い、0なら行いません。

「long_query_time」は、ここで指定した時間(秒)以上かかったクエリを出力する設定になります。

デフォルトは10秒です。

 

追加したら、記述したログファイルを、空で該当のディレクトリに作成しておきましょう。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ