Gmailで必要なメールも「迷惑メール」に振り分けられるのを解除する方法

メール

 

 

Gmailのメール振分けおよび迷惑メール判定機能は非常に強力で、高い確率で迷惑メールを特定してくれます。

ただ、たまに、必要なメールまで迷惑メールフォルダに入っていたりするので、埋もれてしまったりするんですよね。。。

この記事では、それを解除するための方法をご紹介します。

 

迷惑メールのマークを解除する

誤って迷惑メールと判断されたメールそのものについては、以下の手順で迷惑メールのマークを解除できます。

①迷惑メールフォルダに入ったメールを開く。

迷惑メールの解除

 

 

②メール上部の「迷惑メールではない」ボタンを押す。

これで、このメールは通常の受信トレイに移動します。ただ、これは、このメールに対して「迷惑メールでない」と通知しただけなので、次にこの送信元からメールが来た場合は、また、このフォルダに分類される可能性があります。

これは、Gmailの迷惑メール・フィルタは、メッセージの内容を判断して、スパムメールに類似した文面であれば、迷惑メールフォルダに分類するためで、メールのタイトルや文面に特定の文言が入っていて、それがHitして迷惑メールと判断されている場合、常にそうなってしまいます。

これを継続的に防くには、以下の方法をとります。

 

「この送信元は迷惑メールでない」というフィルタを新規に作成する

①Gmailの「設定」⇒「フィルタとブロック中のアドレス」から「新しいフィルタを作成」します。

送信元設定

 

 

②メールの送信元のメアドをコピーして、フィルタのFromのところに貼り付けます。

迷惑でない

 

 

③次の画面で、上記のフィルタ条件に一致するメールが届いたときの動作を設定できますので、「迷惑メールにしない」にチックを入れてフィルタを作成します。

 

以上で、これから先も、このメールが届いても迷惑メールに振り分けられなくなります。Gmailのスパム判定ロジックを個別に上書きするというイメージになるんですね。

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ