LinuxOSのさくらVPS上でWindowsアプリを動かす②(wineインストール&設定編)

gnome  

 

 

前回は、さくらVPS上VNCサーバをセットアップし、クライアント側から接続するところまで行いました。 今回はwineのインストールと設定を行います。

Ubuntuではバイナリも提供されていますが、さくらVPSのデフォルトのOSであるCentOSの場合、ソースからコンパイルすることになります。

初めに、コンパイルできる環境を整えるために、必要なモジュールをインストールしておきましょう。X Windowと各種開発ツールになります。

yum groupinstall "X Window System" "Desktop"
yum groupinstall "Development Tools"
yum install libX11-devel freetype-devel

 

wineのインストール

それでは最初にwineのソースをダウンロードします。

このsourceforgeのページから目的のバージョンのソースを落としましょう。

今回は「wine-1.7.3.tar.bz2」としました。

tar xvf wine-1.7.3.tar.bz2
cd wine-1.7.3
./configure --enable-win64
make
make install

上記コマンドで64ビット版をmakeし、インストールします。この場合、「/usr/local/bin/wine64」の実行ファイルができます。

このままだとwinecfgがうまく動かないので、wine64へのシンボリック「wine」を作成しておきます。

ln -s /usr/local/bin/wine64 /usr/local/bin/wine

リンクできたら、下記のとおり、wineの設定コマンドを打ちます。

winecfg

gnome  

 

 

上記のような画面が立ち上がって、初期設定ファイルが作成されます。「Wine Mono Installer」と「Wine Gecko Installer」のインストールを促すエラーダイアログが表示される場合は、「Install」を押してインストールします。

以上で、wineのインストールが終わりました。



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ