墾丁で食べる南台湾海鮮料理(迦拿庭園餐廳)

英語で「CANA Garden Restaurant」です。

カナとはキリスト教の逸話で、足りなくなったぶどう酒をキリストの奇蹟で満たしたという「カナの婚礼」をモチーフにしています。

とはいえ、ご主人がキリスト教信者というだけで、レストランの中身はいたって真っ当な南台湾料理のお店です。

ここ墾丁や高雄は港町ですので、台北に比べて魚介類を利用した料理がお勧めです。とくに、すぐ近くに小さな漁港のある墾丁では、素材の味を生かしつつ、素朴なメニューが一番美味しいと思います。

ここカナ・レストランでも、新鮮な魚介を使った定番の南台湾料理が味わえます。

私の一番のお勧めはこの1皿です。

 

 

 

そうめんと牡蠣をいためたもので、牡蠣スープ入り温麺のような味になっています。

初めて台湾で牡蠣を食べたときにはびっくりしたのですが、台湾の牡蠣は小粒です。日本の牡蠣の3分の1くらいの大きさだと思います。

そのため、日本のように牡蠣を1つ、じっくり食べて満足ーという食べ方よりは、いろいろな食材と一緒に食べることが多いです。身の厚いはまぐりのような位置づけをイメージしてもらえばよいかと。

この料理も、たんぱくなそうめんと牡蠣のうまみ、程よい塩味がマッチして、いくらでも食べられます。

それ以外にも、海草と梅の実を使った料理や、新鮮な海老を使った料理などがあります。↓

  

 

 

 

 

レストランの味はコックで決まるとはよく言ったものですが、地元出身の料理人が腕を振るってくれていますよ。

 

お店は食事のスペースと外に面したバースペースに分かれています。お料理はどちらでも同じものが注文できますので、お好きなスペースを選んでください。

 

中のレストランスペース

  

 

 

 外に面したバースペース

  

 

 

【お店の情報】

http://www.cana-restaurant.com/

住所:屏東県恒春鎮墾丁里大湾路20-1号

 

 



こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ