Herokuにアプリをpushしたときにエラーが出る場合の対処法

Herokuでアプリを作成して、gitでpushしようとしたときに出たエラーの対処法をメモ。

コマンドラインで「git push heroku master」と打つと、

C:\heroku_apps\my_first_app>git push heroku master
remote: !       WARNING:
remote: !       Do not authenticate with username and password using git.
remote: !       Run `heroku login` to update your credentials, then retry the git command.
remote: !       See documentation for details: https://devcenter.heroku.com/articles/git#http-git-authentication
fatal: Authentication failed for 'https://git.heroku.com/xxxxxxxx-99686.git/'

と出て進めない。

gitクライアントでのログインに失敗しているようだ。

Warningに書いてあるように再度「heroku login」を試してみたが、相変わらずエラー。

 

通常、herokuのCLIをインストールしたときにgitクライアントも一緒に入れるが、私はすでにgitクライアントを導入済だったので、インストールしなかった。

もとのgitクライアントのユーザの設定が活きていて、そちらを使用してるからなのか。

確かに、上記コマンドを打った時に、

git認証

 

が出てくる。

ここにherokuのlogin時に使用するユーザとパスワードを入れたが、相変わらずエラーになりました。

正解は「heroku auth:token」コマンドでわかる、「APIトークン」というものをパスワードに入力しないといけないみたい。

heroku auth:token
c4cd94xxxxxxx544802cxxxxxxx4ead32xxxxx30

 

上記コマンドでわかるトークンをgitのパスワードとして、入力すればOKでした。なお、herokuのgitの仕様上、ユーザ名は無視 されるそうなので、なんでもいいようです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ