Firefoxを多重起動して、複数のユーザで同一サイトにログインする方法

テストなどで、「同じドメインのサイトに、同時に異なるユーザでログインしたい」とか、複数のブラウザを同時に開いて作業したいというときに便利なTipsです。

通常、Firefoxは1つのプロセス(インスタンス)しか立ち上がらないようになっています。そのため、新しいURLを開くと、新規にタブが開くようになっているわけですね。

これらのタブで開かれたサイトの情報は、すべてひとつの「プロファイル」という概念に格納されますが、このプロファイルには

  • どのAdd-onを使っているか
  • ブックマーク
  • Cookie
  • 画像などのキャッシュファイル

 

などの情報が保存されています。

このプロファイルを切り替えれば、人それぞれの設定をすることが可能です。

 

各個人の設定を行えるプロファイルを複数作成する

人それぞれのプロファイルを設定するために、Firefoxではプロファイル・マネージャという機能があります。

左下のスタートメニューに「ファイル名を指定して実行」がある場合はそこに、無い場合は「Windowsキー+R」で

「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、

firefox -p

と打ち込みましょう。

プロファイル・マネージャ

 

すると、以下のように「プロファイル・マネージャ」が開きます。

プロファイル・マネージャ

 

ここで、「今後このプロファイルを使用する」のチェックボックスをOffにすると、起動時にプロファイル・マネージャが開き、プロファイルを選んで起動できるようになります。

また、「新しいプロファイルを作成」を押すと、新規にプロファイルを追加していくことが可能です。

 

同時に複数インスタンス開けるようにする

上記のようにプロファイルを分けても、Firefoxでは、起動時に「すでに別のFirefoxが起動されているか」を判断し、そうであれば、そのFirefoxで別タブで開こうとします。

この時に、すでに起動されているFirefoxインスタンスと同じプロファイルが使われるため、もし、既に開いているFirefoxのプロファイルと、新たに起動しようとしたFirfoxのプロファイルが異なる場合は、エラーで起動できません。

そのエラーを回避するには、別プロファイルで別インスタンスのFirefoxで開く必要がありますが、その起動オプションが「-no-remote」です。

 

「ファイル名を指定して実行」で

firefox -no-remote -P "Another Profile"

と入力すると、別のFirefoxを”Another Profile”という名前のプロファイルで開きます。

 

「user1」「user2」というプロファイルがあるとしたら、

  • firefox -no-remote -P “user1”
  • firefox -no-remote -P “user2”

 

でそれぞれのプロファイルを使ったFirefoxが立ち上がるわけです。

 

ショートカットとして登録する

毎回、「ファイル名を指定して実行」で起動して、プロファイルを選択するのが手間だと思う場合は、ショートカットを作成することが可能です。

一旦Firefoxのショートカットを作成し、それを右クリックして、プロパティを選択します。

そこで開いたダイアログの

リンク先に「firefox -no-remote -P “user1”」などと追記すればOKです。

ショートカット

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ