Selenium3によるFirefoxの自動操作(Python編)

前回はEclipseとjavaでFirefoxを自動操作しましたが、今回は最近自分の中ではまっている言語、pythonをつかって同じようなことをしたいと思います。

javaの場合は、手順も多く、エラーが発生して起動するまで苦労しましたが、pythonの場合は、下記手順にならってスクリプトを組むだけで、何の問題も無く自動操作できました。

コンパイルも要らないし、特別な開発環境も無くても動かせますので、言語を問わないのであれば、pythonでのブラウザの自動操作はおススメだと思います。

 

pythonでfirefoxを自動操作する手順

①selenium3用のpyhtonバインディングをインストール

はじめに、自分のpython環境に、selenium3用のpyhtonバインディングをインストールします。

pipで可能ですので、

pip install -U selenium

とコマンドを打てば、すぐにインストールされました。

ライブラリの依存のコンフリクトを避けるために、仮想環境を使うことをお勧めします。(環境構築の仕方はこの記事をご参照)

シンプルな手順なので、あまり迷うことも無いと思いますが、

以下のページに、最新の情報がまとまっています。

https://pypi.python.org/pypi/selenium

 

②firefoxのWebドライバをダウンロードする

次に、下記ページからMozillaのWebDriverである、geckodriverをダウンロードしてきます。

https://github.com/mozilla/geckodriver/releases

自分で使っているPCにあったファイルを落としてきて、適当なディレクトリに解凍します。

Windowsの場合は、「geckodriver.exe」などが展開されるので、これを、環境変数「path」に入れます。

 

③Pythonで以下を実行


# coding:utf-8
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.common.keys import Keys


browser = webdriver.Firefox()

browser.get('http://www.yahoo.com')
assert 'Yahoo' in browser.title

elem = browser.find_element_by_name('p')  # Find the search box
elem.send_keys('seleniumhq' + Keys.RETURN)

browser.quit()

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ