C++によるIplImageの扱いについて


 

以前、CによるIplImageの扱いをメモしたので、C++もやってみます。

単なる自分の理解のためですが・・。

まずは、C++による画像ファイルの読み込み。

また、読み込みだけでなく、画像のバッファを生成する方法も。

cvCreateImage や cvLoadImage などの IplImage 構造体を対象とする関数が確保するデータ領域は4バイト境界にアラインメントが揃えられるので、また、上記のソースと同様に、次の様にするとギャップを持つ画像領域が確保されることになります。

コラム

OpenCVの勉強に購入した本です。どちらも良著だと思います。これから学ばれる人は是非参考にしてください!

OpenCV プログラミングブック 第2版 OpenCV 1.1対応 OpenCV プログラミングブック 第2版 OpenCV 1.1対応

「OpenCV プログラミングブック」は2版あるので気を付けてください。こちらが新しい方です。この本は実例が豊富ですので、OpenCVについて理解がしやすいです。一通り例題をこなすと、OpenCVについての知識が深まります。

 

 

 

詳解 OpenCV ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識 詳解 OpenCV ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識

分厚いですが、オライリー本の例にもれず、良著だと思います。上の本でOpenCVの面白さを知った人には、手放せない本になるはずです。

 

こんな記事も読まれています


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ