Herokuにアプリをpushしたときにエラーが出る場合の対処法


 

Herokuでアプリを作成して、gitでpushしようとしたときに出たエラーの対処法をメモ。

コマンドラインで「git push heroku master」と打つと、

と出て進めない。

gitクライアントでのログインに失敗しているようだ。

Warningに書いてあるように再度「heroku login」を試してみたが、相変わらずエラー。

 

通常、herokuのCLIをインストールしたときにgitクライアントも一緒に入れるが、私はすでにgitクライアントを導入済だったので、インストールしなかった。

もとのgitクライアントのユーザの設定が活きていて、そちらを使用してるからなのか。

確かに、上記コマンドを打った時に、

git認証

 

が出てくる。

ここにherokuのlogin時に使用するユーザとパスワードを入れたが、相変わらずエラーになりました。

正解は「heroku auth:token」コマンドでわかる、「APIトークン」というものをパスワードに入力しないといけないみたい。

 

上記コマンドでわかるトークンをgitのパスワードとして、入力すればOKでした。なお、herokuのgitの仕様上、ユーザ名は無視 されるそうなので、なんでもいいようです。

 

こんな記事も読まれています


One Response to “Herokuにアプリをpushしたときにエラーが出る場合の対処法”

  1. […] 々な記事で紹介されているように、ここでは ・ユーザー名:空のまま ・パスワード:herokuのAPIキー を入力するとのこと。 参考:Herokuにアプリをpushしたときにエラーが出る場合の対処法 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ