管理人がサイト売買の際にチェックするサイト(サイト・リノベーションのために)


 

管理人は、数年前から、すでに運営されているサイトを購入して、コンテンツやサイト構成に手を入れ、リニューアルしてオープンする試みを行っています。

世の中には、運営してきたサイトに継続して投稿するのが難しくなったり、新規事業のためにまとまったお金が必要な人が、サイト自体を売りに出すというニーズが一定量あります。

そして、そんなサイトの中には、サイトを買い取った後、毎日きちんと投稿したり、内部リンクや外部リンクなどを最適化し、適切な広告に貼り換えたりすることで、また、毎月の安定的な売上をもたらしてくれるようになるサイトが含まれています。

私はこの作業のことを「サイト・リノベーション」(管理人の造語)と呼んでいます。

これはあたかも、中古のマンションや居ぬきの物件を買い取り、リノベーションすることで、付加価値を付けて高く売ったり、貸したりして利益を得ることができるからです。

 

さて、どうやってそんなサイトを見つけるかというと、サイトを売りたい人と買いたい人を仲介するサービスもいくつかあり、そこを利用しています。

こういったサイトでは、サイトを売りたい人が、それこそ、不動産の物件のようにサイトの概要とPV数、おおよその売上、そして希望の値段を書いて出品していますので、自分のニーズ(ジャンルや月間売上など)に合った案件を探すことができます。

サイト運営側では、手数料を取ることで、売買が成立したら、トラブルが無いように、譲渡契約書を作成したり、代金の受け渡しのなかだちをしてくれたりするところが多いです。(中には手数料なしのところもありますが、そういったところでは、自分の責任で売買手続きを行う必要があります。初めての場合は、手数料を払っても、仲介してもらうことをお勧めします。)

そんな、「サイト売買」のサービスを行っているサイトをご紹介します。

 

サイトキャッチャー

サイトキャッチャー

http://sitecatcher.net/

管理人がはじめてサイト売買を行ったときに仲介してもらった会社で、業界では老舗です。

案件の出品頻度も高く、いろんなサイトが集まっています。

サイトキャッチャーでは、行政書士さんが案件ごとに契約書を作ってくれるサービスが、手数料に含まれていますので、初めての売買の方でも安心だと思います。

 

サイト売買Z

サイト売買Z

http://www.site-z.com/

ここも、比較的案件の出品頻度が高いサイトだと思います。

売買サービスの内容は上記のサイトキャッチャーさんと同じような感じです。

面白いのは、Bitcoinを使った決済が可能だということですね。仮想通貨で儲かった人が、税金対策と資産構築を兼ねてサイトを買うといったニーズもうまく取り込むことができているんじゃないでしょうか。

 

サイト楽市

サイト楽市

http://www.site-rakuichi.com/

ここは、サイト売買手数料が無料だというのが特徴です。

そのため、コストをなるべくかけないでサイトを売買することができます。

売買の契約や移譲作業は、売り主と買い主だけで行う必要がありますから、個人的には、少し他のサイトで売買の流れや経験を積んでから利用したほうがいいと思いますが、小規模サイトを安く仕入れることも可能なので、うまく利用できると重宝するサイトですね。

 

サイトストック

サイトストック

http://sitestock.jp/

売買実績が非常に多い会社です。

個人的にはサイトのほかに、ネットで商売を行う仕組みやシステムそのものを売りに出している案件も多い気がします。

サイト売買の利点の一つに、すでに構築されているネット上の商売の仕組みをそのまま引き継ぐことができるということもありますので、管理人も定期的にチェックしています。

 

サイトM&A

サイトストック

https://www.sitema.jp/

GMOグループが手掛けるサイトM&Aのサービス会社です。

他のサイトと比較して、大きめの事業が売りに出されている印象があります。

売り主も法人が多く、値段も高い案件が多いですね。法人の買い主でないと手を出せないような金額の案件も多いです。

GMOグループのサイト売買のサイトはもう一つありますが、そちらの方は最近ほとんど更新がないようです。

 

サイトレード

サイトストック

http://www.site-trade.jp/

日本初のサイト売買専門会社だそうです。

上記のサイトM&Aと同じように、法人の事業移譲の案件が多い印象がありますが、サイトM&Aと比較すると中小の案件が多いように思います。そのため、中小の法人が、新しい事業開拓のために事業ごと購入するという戦略にも利用できるのではないかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

サイト売買を仲介している会社さんのサイトも、それぞれ特徴がありますよね。

それにつられて、集まってくる案件も特色が出てきますから、自分の目的に合ったサイトを中心に案件を探すといったことができます。

気長に定期的にチェックしていると、きっと自分の欲しいサイトが売りに出てくると思いますよ!

こんな記事も読まれています


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ