Web集客に効果あり!サイトの記事をTwitterで自動で定期的につぶやいて、ブログの読者を増やしてみよう。

 

ブログやサイトを運営していると、書いた記事をたくさんの人に読んでもらいたいので、SNSで広めたいですよね。

TwitterやFacebookと連携して、ブログに記事を投稿したら、自動でTweetする仕組みを導入することも出来ます。

日記のようなブログだと、そのような投稿方法があっているのかもしれませんが、あるテーマに沿った情報で構成されているサイトだと、

そのようなジャンルのサイトが存在していること、質の良い記事があることを定期的に、つぶやくと、SNSへの露出の機会が多くなりWeb集客に効果があります

さて、がんばって毎日手動でつぶやいてもいいのですが、省力化を行うにはbotを使うと便利です。

botとは、自動で投稿などを行ってくれるシステムのアカウントのことで、Twitterでも、あらかじめ登録しておいたつぶやきを定期的に投稿してくれるなんてことができます。

Twitterのbotサービスはいくつかありますが、ここでは、私も使っていて、簡単に設定ができる「Twittbot」をご紹介します。

この「Twittbot」、無料でも個人サイトのサイト運営には十分な機能が使えますので、おすすめです。

 

「Twittbot」で出来ること

「Twittbot」は以下のようなことができます。

無料でも700個まではTweetを登録できます。

  • 自動でつぶやきを返信
  • 時間指定でつぶやく
  • 一定間隔でつぶやく

 

今回説明するのは3番目の一定期間でつぶやく機能です。

これを使うと一日一回とか自動でつぶやけます。つぶやくTweetは、あらかじめ登録しておけます。

また、登録した順番につぶやいたり、登録したTweetからランダムにつぶやいたりする設定も可能。

さらに、フォーローされたら自動でフォローし返してくれたりする設定も出来るので、ほうっておいてもフォロワーが増えていたりすることもあります。

 

早速「Twittbot」を使ってみよう

twitterにログインした状態で、twittbotのトップページに行き、ログインボタンを押します。

Twittbot

 

すると、以下のようにアカウントの利用(連携)を許可するかどうかの確認画面が表示されます。今回は、「連携アプリを認証」ボタンを押して許可します。

中にはアカウント利用を許可させて、勝手に大量のつぶやきを投稿するアプリもありますので、許可するのは、必ず、自分が信頼するアプリだけにしておきましょうね。

Twittbot

 

許可を行うと、ここでの設定を使って、自分のTwitterアカウントでつぶやくことができるようになります。早速、「詳細設定」から、つぶやきの間隔などを設定しましょう。

12時間間隔とか24時間間隔を選ぶと、半日に一回、1日に一回などの間隔でつぶやくように設定できます。

間隔は、ページ下の「設定を更新する」ボタンを押してからカウントされることになります。

Twittbot設定

 

設定を行ったら、あとは、実際につぶやく内容を「つぶやき」の設定から登録していきます。

下記のように、Twitterに入力するような感覚で登録できます。700個までは無料で登録でき、順番に、もしくはランダムにTweet可能です。

Twittbot

 

下の図は実際に自動で投稿されたTweet。手間を最小限で自動つぶやきできるので、使わない手はありません!

Twittbot

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ