zenlogicで、複数ドメインのwordpressとそのSSL証明書を設定する手順

 

契約しているzenlogicのサーバ(VPS)では、複数のwordpressを設定する事ができます。zenlogicはパフォーマンスも良いVPSですが、通常のレンタルサーバやVPSとことなり、SSHシェルが使えないため、設定に少し、要領がいります。

その設定手順をまとめておきます。

 

①FTPソフトでディレクトリを作成

はじめにWordpressをインストールするディレクトリを、作成しておきます。FTPソフトで接続し、作成しましょう。

「/htdocs」というフォルダがトップディレクトリで、この配下に、複数のWordpressをインストールするので、ここに作成します。

 

②独自ドメインの設定を行う

コントロールパネルの「ドメイン設定」から「ドメイン設定追加」を行います。

ドメイン設定追加

 

上記ボタンを押すと、以下のような画面になりますので、基本的な設定を行います。私の場合は、独自ドメインはバリュードメインで管理、設定していますので、ここでは、「他社レジストラで管理しているドメイン名」にチェックを入れ、DNSのゾーン設定はzenlogicでは行わないようにします。

ドメイン設定追加

 

③WEBドメイン設定を行う

コントロールパネルの「WEB」から「WEBドメイン設定」に行きます。ここで、先ほど追加したドメイン設定の「ドキュメントルート設定」ボタンを押しましょう。

ドメイン設定追加

 

遷移先の画面で、このドメインのドキュメントルートのディレクトリを選びます。このディレクトリに後程Wordpressをインストールします。

ドメイン設定追加

 

④Wordpressのインストール

「簡単インストール」からWordpressをインストールします。「インストール」ボタンを押すと、指定された場所にWordPressをインストールできる設定画面に遷移します。

ドメイン設定追加

 

画面に書いてある通りに入力すれば大丈夫ですが、重要なのは、Wordpressのインストール先のドメインを選択し、ディレクトリを指定することです。

ドメイン設定追加

 

上記でいったんはWordpressのインストールができましたが、このままだと、「http://ドメイン名/wordpress」でブログが表示されることになります。そのため、「https://zenlogic.jp/support/knowledge/wordpress/install_directory.html」を参考に、Topディレクトリで見れるように設定します。

また、zenlogicでWordpressをインストールすると、記事更新時に文字化けが発生する場合があるので、私は、wordpressディレクトリの.htaccessに以下の設定を追加しています。

php_value default_charset "UTF-8"
php_value mbstring.internal_encoding "UTF-8"
php_value mbstring.http_output "UTF-8"
php_value mbstring.encoding_translation "Off"

 

⑤SSL設定

最後にSSL証明書を設定します。zenlogicでは無料でSSLを設定できますので、ぜひやっておきましょう。

「WEBドメイン設定」で、対象のドメインの「証明書設定」ボタンを押します。

設定は、DNSで名前解決が行われていないと失敗するので、サイト移行時などは、きちんとDNS設定が伝播したあとに行うようにしましょう。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ