クラウドソーシングを使って主婦や技術者が在宅副業をはじめる方法と、受注率を上げるコツ

 

主婦や技術者が在宅で副業をしたいと思ったときに使えるのが、最近多くの人が利用しているクラウド・ソーシング・サービス。

無料で会員登録しておけば、比較的自由な空き時間を使って作業し、報酬を得ることができます。

在宅でもニックネームでも仕事できますので、主婦やサラリーマンの副業としても人気ですよね。

私も、複数のクラウド・ソーシング・サービスに登録して、受注者、発注者として利用しています。

今回は、そんな私が、受注者側から見たクラウド・ソーシングのサービスの概要と、
どうすれば仕事をたくさん受注することができるのか、
仕事の受注率をアップするためのコツなどついてご紹介します。

 

「クラウド・ソーシング」とはどんなサービス?メリットは?利用に不安はないの?

「クラウド・ソーシング」は、在宅や遠距離で仕事をしたい人と、そのような人たちに仕事をやってもらいたい人を結びつけるサービスです。

仕事の中身は、「数分のアンケートに答える」「文字の入力を行う」といった非常に簡単なものから、「Webで調べ物をする」「サイトに掲載する記事を書いたりする」といった内容のものなど、様々です。

中には、デザインやプログラミングなど、専門的な仕事もあります。

仕事をやってもらいたい人たちは発注者として、「クラウド・ソーシング」のサイトに、「やってもらいたい仕事の内容」を掲載します。それに対して、仕事をやりたい人が、

・これらのサイトに無料で登録する

・たくさん出ている仕事の中から、自分ができそうなものを探す

仕事を完了して納品する

報酬Get

といった流れで仕事を行っていくわけです。

知らない人同士が仕事するので、トラブルが心配かもしれませんが、クラウドワークスとランサーズのようなクラウド・ソーシングの大手のサービス提供会社では、そのようなトラブルを防ぐ仕組みも持っていますので、あまり心配しなくても大丈夫です。

私も、100回近くの取引をしていますが、一度もトラブルはありません。

大手だと何が安心かというと、

  • 仕事が多い
  • お金のやり取りが安心

 

ということが挙げられますね。

どういうことなのか、以下で説明します。

 

仕事が多く集まってくる

まず、仕事が多いということですが、依頼(発注)する方も、なるべくスムーズに質の良い人にお願いしたいですよね。

大手であれば、登録者数が多いため、多種多様なスキルを持った人が登録していて、自分たちのニーズに合った人を見つけやすいというメリットがあります。

そのため、やはり大手は発注者の登録数も多く、仕事も多い傾向があります。

 

お金のやり取りが安心

個人で仕事を請け負うときに心配なのは、報酬の受け渡しがしっかりされるかということです。

仕事したのに払われないというのが一番痛いですからね。

下でご紹介する2社の場合、発注者と受注者が合意して、仕事を始める場合、まず最初に発注者側が「仮払い」を行います。

仮払いしたお金は、クラウド・ソーシング側でいったん預かり、仕事が完了した時点で、受注者側に払われる仕組みです。

そのため、「仕事が完了したのに、支払いが行われない」といったことはほとんど起こらないようになっているため、安心して仕事できます。

 

システムの利用料が発生することは認識しておこう

発注者とのメッセージのやり取りや納品用のファイル添付などは、それぞれのクラウド・ソーシングサービスで提供している仕組みを使えば、特に新しいサービスなどを使わなくても可能です。

ただ、このようなやり取りや仮払いなどの仕組みを使用できる代わりに、報酬の一部がシステム利用料として徴収されます。

下記の2サービスの場合だと、1割~2割程度になります。

どちらのサービスも、登録自体は無料で、会費も必要ありません。

 

クラウドソーシングで仕事を増やすテクニック

次に、クラウドソーシングで登録した後、実際に副業などの作業を始めるにあたって使えるちょっとしたテクニックをご紹介します。

ほんとにちょっとした工夫ですが、仕事を受ける際には大きな差となってきますので、ぜひ、参考にしてください。

 

複数のクラウド・ソーシング・サービスに登録しておく

発注者側も、複数のサービスに登録して、すべてに同じ募集をかけるより、一つのサービスに統一した方が管理しやすいため、複数のサービスに募集をかけることはそれほど多くありません。

そのため、1つのサービスに登録しているよりも、複数のサービスに登録しておいた方がいろいろな仕事を見つけるチャンスがあります。

 

本人確認はなるべく行っておく

どのサービスもニックネームで登録可能ですが、オプションで、免許証などで本人の確認を行う「本人確認」という仕組みを導入しています。

これを行っておくと、プロフィールで「本人確認済」と表示されるので、発注者側も安心して発注できる心理効果があり、受注確率が高まります。

本人確認しても、それは、単にクラウド・ソーシング側に確認してもらうので、プロフィールはニックネームのままでもOKなので、本人確認は行っておくことをお勧めします。

 

プロフィールはなるべく詳しく書こう

各サービスでは、登録後、プロフィールを書けます。

ここをシンプルに書いてもいいですが、どんな人物で、どんなことが得意なのか、何に興味があるのかを詳しく書いておくと、受注確率がアップします。

発注する方も、仕事を頼む際に、どんな人物かを確認しますし、このプロフィールは、発注者側から検索もできるようになっているので、新しい仕事を発注する時に、スキルや得意分野で検索して、直接作業をお願いするということも頻繁に行われるからです。

 

まずは小さな仕事で評価を得よう

仕事を終えると、★などで発注者と受注者がお互いに評価を行います。

この評価が5つ星の人と、1つ星の人とでは、やはり、5つ星の人に発注したいのは当たり前ですよね。

また、星がない人は、まだ仕事をしていないので、どのような人かもわかりにくいです。

そのため、最初、実績がない場合は、」小さな仕事でもいいので受けて、きちんと対応し、高い評価をいくつか受けておくと、その後も仕事を受けやすくなります。

 

私が使っている「クラウド・ソーシング」の大手2社

上でも解説したように、大手だとたくさんの仕事があり、システム的にも安心です。

ここで、私もよく使っている大手の2社をご紹介します。この2社に登録していれば、いろいろな仕事を受注して稼ぐことができます。

 

クラウドワークス(CrowdWorks)

クラウドワークス

 

たぶん、業界では最大手だと思います。

アンケート回答などの、取り組みやすい簡単な仕事も多く、副業をはじめてみる、実績を作るにはいいサービスです。まずはここに登録してみましょう。

あと、ここは発注者さんとのメッセージのやり取りなどが、案件ごとで見やすく、システムが使いやすいです。

 

ランサーズ(Lancers)

ランサーズ

 

ランサーズも、業界では古株で、大手です。

以前は、いろいろな技術を持った個人事業主や会社が登録していて、彼らに外注をお願いするサービスを提供していましたが、最近、主婦やWebライターなどの個人も登録できるようになってきました。

そのため、今では主婦の方の登録も多いんですが、専門的な技術を持った人やプロフィールをしっかり書いて、自分のスキルをアピールしている人の割合が多いような印象があります。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ