ShadowsocksRクライアントをWindowsにセットアップする手順

 

Shadowsocks、ShadowsocksRサーバは暗号化されたProxyサーバです。

そのため、あらかじめサーバのIPアドレス、ポート、パスワードが分かっていれば、ShadowsocksクライアントをWindowsにセットアップするだけで、SS/SSRを使った通信ができます。

中国などのインターネット接続が制限されている国では、Gmailなどの海外のサービスが使えない場合もありますが、最近の中国の若者の間では、金盾(GreatFireWall)を越えて海外の情報を見たり、日本のアニメを見るのに、Shadowsocksが一般的に使われています。

 

中国でサービスを提供しているVPNプロバイダも、最近ではSS/SSRサーバを用意しているところも増えてきました。

中国でネットを越境する人の間では、VPNが遮断されたときのために複数の手段を持つのが常識ですが、それがつながらない場合、SS/SSRサーバに接続するという手段があるといいですよね。

 

今回は、WindowsサーバへのSS/SSRクライアントのセットアップ方法をご紹介します。

 

SS/SSRクライアントのダウンロードと起動

GitHubのところからzipファイルをダウンロードします。

解凍すると、以下のように紙飛行機のアイコンのexeファイルがあるので、ダブルクリックして起動しましょう。

 

設定

クライアントが起動されると、右下のタスクトレイに常駐します。

ここでいろいろな設定を行うわけです。

 

① はじめに、「PAC」⇒「ローカルPAC」を選択します。

このPCで設定したプロキシサーバ情報を使うという意味です。

 

 

②その後、VPNプロバイダから入手した、もしくは自分でset upしたSS/SSRサーバ情報を追加します。

QRコードでサーバ情報を提供しているプロバイダも多いようです。

初回起動したときには、以下のように空の設定が開きますので、サーバ情報を追加しましょう。

 

追加したサーバが有効になっているかは、「サーバ」で確認することができます。

 

③ここまで設定出来たら、SS/SSR通信を有効にします。

「システムプロキシ」が「無効」から「PAC」または「全般」になり、紙飛行機の色が白色か水色になっていれば、有効になっています。

なお、「PAC」は中国国内で規制されたサイトのみVPNを通す設定で、「全般」はすべてのサイトに対してVPNを通す設定です。

中国以外の国で使用する場合には「全般」にして使いましょう。

 

 

 

こんな記事も読まれています


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ