副業で『資産サイトを作る方法』と『情報発信で稼ぐ仕組みを作る方法』についてお伝えしています。

>>月36万PVを稼ぐサイトのノウハウを手に入れませんか??

DavinciResolveでシーンに特殊効果を追加するには、透明背景のFusionコンポジションを使おう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

DavinciResolveで、タイムラインにテロップや動く物体などの特殊効果を追加するときには、Fusionタブを使いますが、そのままタイムラインに追加するのではなく、ひと工夫すると、使いまわしの効く効果を作ることができます。

例えば、凝った吹き出しや動きのある枠線などは、ほかの動画でも使いまわしたいですよね。

そんな時に使えるTipsです。

 

 

Fusionコンポジションの使い方

それにはFusionコンポジションを使います。

これは、クリップには関係なく、Fusion用のオブジェクトだけを定義・編集できるタイムラインです。

これを作成して、ほかのいろいろなクリップに重ね合わせれば、一度作ったFusionをコピペして使えます。

 

Fusionコンポジションの作成

Fusionコンポジションを新たに作るには、メディアプールで右クリックし、「新規Fusionコンポジション」を選択します。

 

すると、Fusionコンポジションがメディアプールにできますので、それをタイムラインにドラッグ&ドロップします。

 

そのタイムライン上に再生ヘッダを持っていくと、プレビューが真っ黒になると思いますが、今は、大丈夫です。

そのまま(再生ヘッドをFusionコンポジションに置いたまま)、Fusionタブに移ります。

 

 

透明な背景のFusionを作る

Fusionタブには、「Mediaout1」という出力だけがあると思いますので、「Background」を追加し、そのインスペクタでAplha(透明度)を0にします。

 

 

そして、Background1とMediaout1を線でつないだ後に、Background1を選んだ状態でTextを追加すると、下記のようなノードの状態になります。

テキストに文字を入れると、背景が透明なので、そのまま、クリップの上に表示されます。

 

 

ひと手間でブログのアクセスが劇的に変わる

サイトのPVが伸び悩んでいる方必見
記事ネタにも悩まない秘密

是非あなたのブログにお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない
『キャンペーン特典』も付いています。

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2021 All Rights Reserved.