副業で『資産サイトを作る方法』と『情報発信で稼ぐ仕組みを作る方法』についてお伝えしています。

>>月36万PVを稼ぐサイトのノウハウを手に入れませんか??

【Davinci Resolve】効果音を管理するサウンドライブラリの使い方やメンテ(再構築)方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Youtubeなどの動画を作るときには、必ず効果音やBGMを挿入することになると思います。

これらの音ファイルは、数も多くなりがちですが、毎回、プロジェクトを作成して、メディアプールに突っ込むのも手間ですよね。

Davinci Resolveには、それらの音源ファイルを、簡単にそれぞれのプロジェクトから呼び出せる仕組みがあります。

それが、サウンドライブラリです。

知っておくとすごく便利なので、ご紹介します。

 

 

サウンドライブラリの呼び出し方

エディットタブで、左上の「サウンドライブラリ」をクリックすると呼び出すことができます。

初期状態では、「Fairlight Sound Library」と「Local Database」という2種類があります。

 

「Fairlight Sound Library」は、バージョン16.2からDavinciResolveのソフトついてくるようになった、フリーで使える500個以上の効果音です。

実体は、Windowsなら、「C:\Users\<ユーザ名>\Movies\Fairlight Sound Library\Media Files」に入っています。

 

自分で見つけた効果音を追加して管理していくには「Local Database」を使います。

こちらを選ぶと、初期状態では以下のように「No library connected」となっているので、その下の「ライブラリを追加」・・・①を押して、効果音の入っているフォルダを指定すれば、自分だけの効果音のデータベースができます。

2つ目以降の別なフォルダを追加する場合は、「・・・」・・・②の部分で追加します。

フォルダを指定すると、そのフォルダ内のファイルのスキャンが行われ、「Local database」に登録されます。

 

効果音の検索の仕方

はじめてだと、効果音が表示されないので、戸惑う人もいるかもしれません。

実は、以下のように、何か文字を入力すると、ファイル名で検索されて、登録されている効果音が表示されます。

 

「どんなファイルがあるか、分からない!」「全部の効果音を確認したい」という場合は、検索窓に「***」と、アスタリスクを3つ入れると、すべてのファイルが表示されます。

 

サウンドライブラリの再構築の仕方

実は、一度スキャンされると、フォルダ内のファイルを消したとしても、データベースには残っています。

そのため、定期的にメンテナンスというか、データベースの再構築を行った方が良いと思います。

以下の場所にデータベースファイルの実態「SoundLib.db」があるので、それを削除して、DavinciResolveを再起動すると、ローカルDBが初期化されるので、効果音の入ったフォルダを再度指定することで、サウンドライブラリの再構築ができます。

公式のやり方ではなく、私のやり方です。

 

ファイルの場所は、

  • Macの場合・・・ライブラリ/Application Support/Blackmagic Design/DaVinci Resolve/Resolve Disk Database/Resolve Projects
  • Windowsの場合・・・C:\ProgramData\Blackmagic Design\DaVinci Resolve\Support\Resolve Disk Database\Resolve Projects

です。

 

 

ひと手間でブログのアクセスが劇的に変わる

サイトのPVが伸び悩んでいる方必見
記事ネタにも悩まない秘密

是非あなたのブログにお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない
『キャンペーン特典』も付いています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2020 All Rights Reserved.