副業で『資産サイトを作る方法』と『情報発信で稼ぐ仕組みを作る方法』についてお伝えしています。

>>月36万PVを稼ぐサイトのノウハウを手に入れませんか??

独自ドメインで短縮URLを作成してメルマガの効果測定する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

メルマガを発行していたり、Twitterでブログの更新をお知らせしたりする場合によく使う機能として「短縮URL」というのがあります。

短縮URLとは「http://bit.ly/2U4LaMO」のようなURLで、もともとは「https://www.youtube.com/channel/UChbsxZNs_QnCu6_0vmGXBaw」といった長いURLを短くしたものです。

 

Twitterのように入力できる文字数に制限があり、URL付きのつぶやきをツイートしようとする場合は、URLが短いほうが自分の発言が多く書けるのでうれしいですよね。

長いURLを短くするだけではありません。クリックされた際、元のURLに転送するので

  • 何回クリックされたのか?
  • いつ、どこでクリックされたのか?

という数を集計することも可能になります。

 

短縮URLをメルマガで使う場合に気を付けたいこと

これを利用すると、メルマガ配信した時に、どれくらいの人がクリックしてくれたのか?(クリック率の測定、効果測定などと言われます)というのを、メルマガ配信スタンドの機能を使わずに実現することができます。

安いメルマガ配信のプランによっては、この効果測定の機能が付いていない場合もあるので、無料でこの機能が実現できるのは結構助かりますよね。

 

しかし、短縮されたURLのドメイン部分が「http://bit.ly/2U4LaMO」のように「bit.ly」とかだと、以下のような不都合があります。

  • 読者さんとしては、クリック後、どこに飛ばされるか分からない。
  • メールの文中によく使われるドメインが含まれているとスパムメールとして判定され、迷惑メールに振り分けられやすい

 

上記の「よく使われるドメイン」というのは、正確には「スパムメールの文中でよく出てくるドメイン」ということになります。「bit.ly」は多くの人が使っているドメインなので、スパムメールにも使われている可能性が高いということですね。

メルマガって読者の方に読んでいただきたいために発行しているので、迷惑メールに行ってしまうと、ちょっと悲しいです。。。

 

これを防ぐためには、短縮URLのドメインを、自分で使っているドメイン(独自ドメイン)にすると良いです。

自分のドメインですから、スパムメールを送っている人たちにも使われているはずがないので、「汚れていないドメイン」ということになります。

 

短縮URLのドメイン部分を独自ドメインにするには?

短縮URLは、上でもご紹介したBitlyというサービスが有名で、私も使っています。(このサービス、無料と有料のサービスがありますが、月500個のURLまでなら無料のプランで十分です。)

通常は短縮すると「bit.ly」となってしまうのですが、設定さえすれば無料プランでも独自ドメインを使えますので、その方法について解説します。

 

はじめに設定を行う場所に移動します。

1.Bitlyにログイン後(無料の会員登録をしていない人は、行ってください)、右上のユーザ名をクリックします。

 

2.すると以下のようなパネルが表示されるので、「Manage」を押します。

 

3.表示された画面で、左側の「Custom Domains」を選択し、その後、「ADD CUSTOM DOMAIN」という青いボタンを押します。

 

4.すると、以下のようなダイアログが表示されます。持っているドメインを追加するか、新たにドメインを購入するか聞かれるので、左側の「ADD DOMAIN」を選択して、ご自分のドメインを指定するようにしましょう。

 

5.ここがキモですね。右側に、「2.SET UP YOUR DOMAIN」という項目が表示されます。ここに、「61.199.248.12」といった数字(IPアドレス)があります。おそらく2つくらい表示されていると思いますので、どちらかをコピー(メモ)しておきましょう。あとで使います。

 

6.数字(IPアドレス)をメモしたら、自分のドメインのDNSを管理している会社の管理コンソールにログインします。私の場合はXServerなので、そこにログインして、「DNSレコード設定」を開きます。以下のようになっていました。

 

7.ここに、設定を追加するわけですが、ちょっと注意があります。

既に「xxxx.biz」や「www.xxxx.biz」といったドメインでサイトやWordpressを運営している場合、このドメインにメモした数字(IPアドレス)を割り当てると、運営しているサイトが見えなくなってしまします。

そのため、追加する際は、「yyy.xxxx.biz」など、サブドメインか、別の、自分が持っているドメインを使いましょう。

以下では、「m.xxxx.biz」のように、「m」を付けたサブドメインにしました。「m.xxxx.biz」⇒「61.199.248.12」のように、メモした数字を割り当てます。

DNSは設定してから反映されるのに数十分から数時間かかります。少し待ちましょう。

 

8.少し待ったら、Bitlyの画面に戻って、以下のように上記で設定したドメインを入力して「VERIFY DOMAIN」ボタンを押します。

正しく設定されていて、反映がされていたら、OKです。

 

以上で設定は終了です。

ここまでできたら、実際に短縮URLを作成するときの選択肢に、今回追加したドメインと「bit.ly」の2つのドメインが選べるようになっていますので、お好きな方を使いましょう。

 

ひと手間でブログのアクセスが劇的に変わる

サイトのPVが伸び悩んでいる方必見
記事ネタにも悩まない秘密

是非あなたのブログにお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない
『キャンペーン特典』も付いています。

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2019 All Rights Reserved.