副業で『資産サイトを作る方法』と『情報発信で稼ぐ仕組みを作る方法』についてお伝えしています。

>>月36万PVを稼ぐサイトのノウハウを手に入れませんか??

Googleのインデックスから自分のサイトのURLが削除されていないかを確認する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

先日、Googleのインデックスから多くのサイトのURLが削除されるという現象がありました。

Twitter上でも

「自分のサイトでもURLがインデックスから削除されていて、上位表示されていた記事が、検索しても表示されなくなっていた!」

とか、

「急にアドセンスの報酬の伸びがなくなったので、何事かと思ったら、インデックスが削除されていた」

みたいなつぶやきがいくつもあり、結構大きな影響があったようです。

 

Googleの公式発表によると、「Google側のシステムの不具合で、順次インデックスは復活するそうで、サイト運営者側は特に対処しなくてもよい」とのことでしたが、過去何度か起きているので、今後もないとも言い切れません。

 

そんな時は、自分のサイトでインデックスが削除された記事を確認して再度サーチコンソールから「Fetch as Google」すると、すぐにインデックスされるので、Google側の対処を待たなくてもアクセスが戻ってきます。

 

あ、でも、このことは他のサイトでも記事にされているので、この記事では

  • 自分のサイトの記事が全部インデックスされていることを確認する方法
  • どの記事がインデックスから削除されてしまったのかを確認する方法

をご紹介しようと思います。

また、運営サイトに数百も記事がある場合は全部の記事を確認するのは大変ですので、確認用のツールも作りました。(記事の後半で紹介しています。)

「全部の記事確認をまとめて1クリックで確認を済ませたい」という人は、ぜひ使ってください。

 

 

Googleで特定のURLがインデックスされているか確認する方法

Googleに自分の特定の記事がインデックスされているかを確認するには、以下の文字をGoogleの検索窓に入れて検索するとすぐにわかります。

 

例えば、

「https://www.sample.com/2018/04/some-article/」

というURLを確認する場合は、検索窓に

site:www.sample.com inurl:/2018/04/some-article/

と入力するということですね。

これで、www.sample.comというドメインにある記事の中で、URLに「/2018/04/some-article/」を含む記事だけが検索結果に表示されますので、結果が1件あればGoogleにインデックスされています。

もし、結果が1件も表示されなければインデックスされていないか、インデックスから削除されているということになります。

 

まとめて確認するには?

確認対象のURLが数個であれば上記の方法でOKですが、数百URLもある場合はひとつひとつ確認していくと時間がかかります。

そんな時に使えるツールを作りました。

エクセルに貼り付けたURLをひとつずつ自動でチェックしてくれるツールです。

 

ツールを使う手順

1.URLのリストをWordpressから出力する

ツールに記事のタイトルとURLを貼り付ければ自動でチェックするように作っていますが、運営しているサイトの記事数が多い場合、Wordpressのプラグインを使ってURLのリストをエクスポートすれば、それを読み込ませることができます。

まず、「Export All URLs」というプラグインをインストールします。

その後、csvファイルにエクスポートするために、プラグインの設定画面に行き、以下のようにPost Typeは「All Types」、データとしては「URLs」と「Titles」、エクスポートするタイプとしては「CSV」を選択して「Export Now」ボタンを押せばOKです。

 

CSVファイルをツールに読み込む

ダウンロードした「Googleインデックス存在確認ツール」を開きます。

エクセルのマクロで動きますので、Windowsでエクセルがインストールされている必要があります。

以下の画像の①の「CSVファイル読み込み」ボタンで、エクスポートしたCSVファイルを読み込みます。

 

記事がインデックスされているかチェック!

あとは、「インデックス確認」ボタンを押せば、順次チェックが行われます。

結果が0件の場合は色が付くようになっています。

 

ダウンロードボタンを押すと、メルマガの会員として登録されます。
メルマガ登録後の1通目の自動返信メール中に、無料ツールのダウンロード用URLが記載されています。こちらに同意される方のみ、ダウンロードして下さい。

 

ひと手間でブログのアクセスが劇的に変わる

サイトのPVが伸び悩んでいる方必見
記事ネタにも悩まない秘密

是非あなたのブログにお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない
『キャンペーン特典』も付いています。

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. takafumi より:

    、こんにちは。
    「Export All URLs」便利なプラグインがあるのですね。知りませんでした。
    貴重な情報ありがとうございます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2019 All Rights Reserved.