副業で『資産サイトを作る方法』と『情報発信で稼ぐ仕組みを作る方法』についてお伝えしています。

>>月36万PVを稼ぐサイトのノウハウを手に入れませんか??

【リライトするべき記事を数値で判断する方法】サーチコンソールのデータをエクスポート

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

Googleサーチコンソールはブログへの流入キーワードを分析するのに便利な無料のツールですよね。

自分では意識していなかったキーワードを発見して、そのワードを強化することでアクセスを増やすこともできます。

 

さらに、使い方を工夫すると「記事のリライトによってアクセスが増える可能性のある記事」を見つけることもできたりします。

でも、リライトするべき記事って、どうやって見つけたらいいの?と疑問を感じる人もいるかもしれません。

この記事では、そんな「リライトするべき記事」の見つけ方や分析方法について共有しようと思います。

 

 

分析するためにデータをエクスポートする

サーチコンソールで分析してもいいんですが、いちいち画面間を遷移しないといけないので、私は少し使いにくさを感じています。

そのため、私の場合は、データをエクスポートして分析に使っています。

データを外部に出力すると、エクセルやGoogleスプレッドシートで加工できたりするので便利です。

コンソールからそのまま出力してもいいんですが、出力の行数が1000行に制限されているので、別な方法を使います。

フリーのツール「Search Analytics for Sheets」です。

 

この「Search Analytics for Sheets」はGoogleスプレッドシートのアドオンで、サーチコンソールのデータを1000行以上、Googleスプレッドシートに出力することができます。

定期的に実行する機能もありますので、1週間に一回出力するといったことも可能なので、定期的な分析にも手間がかからないと思います。

 

では、さっそく、インストールしてみましょう。

「Search Analytics for Sheets」のインストール

まず、Googleにログインして、Googleドライブで新規のGoogleスプレッドシートを開きます。

そこで、メニューの「アドオン」から「アドオンを取得」を選択します。

 

すると、「G Suite Marketplace」が開きます。

ここは、Googleスプレッドシートやスライドなどで使用できるアドオンやアプリなどが公式に公開されている場所です。

ここにアプリを掲載するにはGoogleの審査が必要なので、安全性はGoogleによって保障されていると考えてよいと思います。

 

右上に検索窓がありますので、そこに「Search Analytics for Sheets」を入力すると、見つけられます。

見つけたら、「Search Analytics for Sheets」をクリックします。

 

表示された画面で「インストール」ボタンを押すと、導入が開始されます。

 

インストールにはデータの読み書きなどの権限が必要なので、「続行」を押します。

 

次に、どのGoogleアカウントを使うかを指定します。

 

最後に、どの権限を「Search Analytics for Sheets」に与えるかを確認して、「許可」ボタンを押します。

 

これでインストール完了です。

以下のような画面が表示されると思います。

画面に書いてあるように、Googleスプレッドシートのメニューの「アドオン」のところに表示されるはずです。

 

「Search Analytics for Sheets」の使い方

インストールができたら、Googleスプレッドシートの「アドオン」⇒「Search Analytics for Sheets」⇒「Open Sidebar」を選択すると、

 

右側に、以下のような条件を指定するパネルが開きますので、サーチコンソールから出力する条件を指定しましょう。

 

  • Verified Site・・・データを出力するサイトを指定します。
  • Date Range・・・出力対象の期間です。デフォルトで一年くらいですが、私は3か月か半年くらいに絞ります。
  • Group By・・・出力する項目を指定します。「Query」と「Page」を指定すると良いと思います。

 

 

生キーワードの分析をして、記事をリライトしよう

さて、さっそく分析しましょう。

分析は記事(URL)単位に行うと良いと思います。

「その記事がどのようなキーワードでアクセスを集めているのか?」を分析すると、

  • その記事に追加した方が良いコンテンツ(記事内容)
  • タイトルや記事に加えたいワード

が見えてきます。

 

アクセスが多い記事の特徴は、「狙ったキーワードだけでなく、その周辺のキーワードでも広範囲にトラフィックを拾っていること」です。

メインのキーワード周りで、網羅的な内容の記事を書くことが重要なことが分かりますよね。

 

記事ごとに流入キーワードが分かるように、データを並び替える。

記事単位でキーワードを見るには、データを「Page」で並べ替えると良いです。

下記の例でいうと、A列からF列までを選択し、メニューの「データ」⇒「範囲を並べ替え」を選択すると、並べ替えのためのダイアログが表示されます。

「データにヘッダー行が含まれている」にチェックを入れ、並べ替え条件に「Page」をして並べ替えます。

 

 

 

すると、以下のように、URLごとに流入キーワードが分かります。

基本的には、Inpressions(表示回数)が多いキーワードを中心に、リライトすると良いです。

(下記画像のキーワードや数値はダミーです。)

 

ひと手間でブログのアクセスが劇的に変わる

サイトのPVが伸び悩んでいる方必見
記事ネタにも悩まない秘密

是非あなたのブログにお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない
『キャンペーン特典』も付いています。

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2019 All Rights Reserved.