副業で『資産サイトを作る方法』と『情報発信で稼ぐ仕組みを作る方法』についてお伝えしています。

>>月36万PVを稼ぐサイトのノウハウを手に入れませんか??

ブログの初期アクセスを確実にアップさせるためのキーワード戦略(実サイトで解説)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

ブログやアフィリエイトサイトを立ち上げたばかりの時は、当然のことながらアクセスはほとんどありません。

でも、それは、あなたの書いた記事がニーズがないとか、記事の書き方が悪いということではない可能性が高いです。

サイトやドメインのパワーもまだついていませんし、そもそも、Googleも、あなたのそのサイトが、質のいい記事を掲載しているのか、そうでないのかの判断もできない状態だからです。そのため、たいていの場合は、地道に記事を書いていけば、自然とアクセスはアップします。

でも、いいのか悪いのかわからないま記事を書き続けていくのは、精神的にも大変ですよね。それで、多くの人はそのまま記事を更新しなくなってしまいます。記事を積み重ねれば確実にアクセスがやってくるという経験がない初心者の方ならなおさらそうなってしまいます。

人は、直近の評価や成果がないとなかなかモチベーションが上がらない生き物なのです。

 

 

サイトやブログの潜在顧客とは

ここで、サイトを店舗に例えてみましょう。サイトにアクセスがあるということは、お店にお客さんが来てくれたということになるとイメージしてみます。

お店の前を通ってくれたり、お店の看板は見てくれたけど、お店に入ってくれなかった人はお店の魅力を高めればお客になってくれる潜在顧客だと言えますが、サイトでいうと、そのような人たちは、どのような人たちだと思いますか?

 

・・・・・・

 

ある検索ワードで検索したときに、検索結果に、私のサイトが表示されたにも関わらず、クリックしてくれなかった人はそのような潜在顧客にあたります。

なぜなら、検索結果の順位が上がればもっと多くの人に私のサイトが表示されることになりますし、記事タイトルに魅力があったり、タイトルが、検索した要望にマッチしているなら、クリックして私のサイトに来てくれる人が多くなるからです。

 

では、そのような人がどれくらいいて、そういう人たちにどのようにアプローチすればよいのでしょうか。

Googleアナリティクスやそのほかのサイトアクセス解析を使っても、分析できるのは「サイトに来てくれた人」です。

サイトに来てくれる可能性があるけど、来てくれなかった人」の分析をする方法があったら、その人たちが来てくれるようにするための施策を打てると思います。

 

潜在顧客へアプローチして、アクセスを増やす方法

実は、そのような「サイトに来てくれる可能性のある人」を分析する方法があります。

そして、その人たちへ向けた記事を書いていくことで、確実にアクセスをアップさせることができるのです。

 

その方法は、「Google Search Consoleを使うこと」です。

「Google Search Console」は「Webマスターズ・ツール」とも呼ばれ、サイト管理者にとってはGoogleアナリティクスと並んで必須と言っても良いツールです。

では、早速、その「Google Search Console」を使って、分析を行い、アクセスアップのための戦略を練ってみることにしましょう。

 

どれくらいの人がお店の前を通ったか?

サイトに来てくれそうで来てくれなかった人を分析するには、「検索トラフィック」⇒「検索アナリティクス」で分析します。ここで、3つの指標、「クリック数」「表示回数」「掲載順位」にチェックを入れます。


 

 

すると、以下のように、検索されたキーワードと、そのキーワードが表示された回数、その順位、そして、最後にクリックされたのかが表示されます。


 

これは、サイトを立ち上げたばかりで、まだほとんどアクセスのないサイトのものです。

一番上の「renta ダウンロード」というキーワードで検索されたときに一回だけクリックされたことが分かります。

通常のサイトのアクセス分析なら、「アクセス数1」と出るだけですが、サーチコンソールの場合は、順位が大体28位くらいで、3回表示されたことがわかりますよね。

それ以外のキーワードを見ると、クリックはされていないけど、掲載順位は高いキーワードや、順位は低いけど、表示回数が多いキーワードがあることが分かります。それぞれで、キーワード戦略は異なりますので、ひとつずつ解説していきます。

 

6位のキーワード「でんしかしほんれんた」の場合

このキーワードの場合、掲載順位が4位と高く、表示回数は5回もほかのワードと比較してまずまずですよね。このサイトでは、ひらがなのこのワードを入れたタイトルの記事は投稿していません。ということは、このワードをタイトルに入れた記事を投稿すると、検索順位はもっと上がる可能性があります。順位があがれば、もっと多くの表示回数となり、クリックしてくれる人の数も上がることになります。

 

7位のキーワード「自宅でコミックの立ち読み。コミックシーモアで!」の場合

このキーワードは順位は33位と低いのに、表示回数は16回と他のワードに比べると高いです。1ページの検索結果の表示件数が10件だと考えると、33位は4ページ目ですから、そこまで行かないと表示されないのに表示回数が他のワードにくらべて多いというのは、検索される回数が多く、さらに、ユーザが検索して得たい情報と検索結果がマッチしていないことが想定できます。つまり、検索したけど思うような情報が得られなかったので、下位のページも見てみたということです。

この場合、ユーザの検索意図を想定して記事を書いたり、このワードをタイトルに入れた記事を書くことで、複合キーワードによるロングテールの集客や検索順位の向上を見込めます。

 

いかがでしたでしょうか。

このように、サイトに来てくれた人だけでなく、サイトに来てくれる可能性のある人に向けた記事を書くことで、ただやみくもに記事を増やしていくのではなく戦略を持って記事投稿し、確実に順位のアップ、アクセスのアップを狙っていくことができるようになります。

 

ひと手間でブログのアクセスが劇的に変わる

サイトのPVが伸び悩んでいる方必見
記事ネタにも悩まない秘密

是非あなたのブログにお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない
『キャンペーン特典』も付いています。

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2019 All Rights Reserved.