「Java」の記事一覧

heroku上で、ローカルのeclipseで開発しているtomcatのWebアプリを動かす手順

「通常の開発はローカルのeclipseで行い、動作確認も、ローカルのTomcatで行なうけど、本番や外部からのアクセスが必要なケースでHerokuに載せて動かしたい」というニーズに対する記事です。 Herokuにアカウン・・・

javaのMessageFormatの使い方のまとめ(0埋め(パディング)、日付、メッセージ置換等)

Javaで文字列の一部を置換する場合には、replaceや正規表現での置換を用いたりしますが、エラーメッセージなど、定型の文字列の一部を渡したパラメータで置き換える形で生成するには、MessageFormatクラスを使う・・・

Javaでハッシュ値(メッセージ・ダイジェスト)の生成を行い、暗号化する(SHA1,SHA256,MD5)

暗号化のために、文字列からハッシュダイジェスト値を生成するというのをよくやります。 大きくは2つの方法があるので、両方記載しておきますね。   「Apache Commons Codec」のDigestUtil・・・

Gatlingで負荷テストを行う手順のまとめ(セットアップ編)

Gatlingは、Scalaで記述された、負荷テストを行うツールです。 並列処理が得意なScalaという言語の特性を生かしていて、簡素な記述で複雑なマルチプロセスのシナリオが実行できたりします。 また、結果の出力が非常に・・・

Selenium3によるFirefoxの自動操作(Java,Eclipseプロジェクト編)

前回の記事「Selenium3のインストールとEclipseへのセットアップ(Javaからブラウザを自動で操作する)」で、Selenium3の概要と自動化を実現する仕組みの概要、Eclipseプロジェクトの設定方法まで解・・・

Selenium3のインストールとEclipseへのセットアップ(Javaからブラウザを自動で操作する)

Webアプリケーションのテストなどで利用することが多い自動化ツールで、よく使われるプロダクトのひとつに「Selenium」があります。 このSelenium、2017年5月現在最新版はバージョン3で、その少し複雑な歴史か・・・

セキュリティを考慮した、可逆的暗号化の相互運用の仕組みを実現する方法(JavaのAES編)

前回はSalesforceでの暗号化、復号化の仕組みをご紹介しました。 今回はJavaでの仕組みの回となります。 また、Base64化した暗号文字列をやり取りすることで、相互に可逆的な暗号化テキストのやり取りが行えるとこ・・・

【はじめてでも15分でできる】HerokuでJavaのWebアプリをサクッと動かす手順

今回はHerokuでJavaのWebアプリを動かしてみます。 HerokuはいわゆるPaasで、アプリケーションの開発と運用を手軽に行うことができます。 必要なサービスを手早く立ち上げて、アクセスが多くなって来れば簡単に・・・

JAVA_HOMEが効かない!?複数のJDKを切り替えて使うときの問題点

開発者の宿命というか、JavaのJDKを複数自分のPCにインストールしています。 メインの開発はJDK1.7で行い、最新のプロダクトを試してみるためには、JDK1.8を使用するといった具合に。 私のWindowsには1.・・・

Salesforceの最新APIのWSC(Web Service Connector)のjarファイルをコンパイルして使用する

以前のエントリ「Salesforceに接続して、オブジェクト加工等を行うEclipseプロジェクトのテンプレート」でご紹介しましたが、SalesforceのAPIをWebService経由でJavaから呼び出すには、Sa・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ