ぱーくんのサイト別館

ぱーくん plus idea

Ankiで自分で作る【最強!瞬間英作文デッキ】のススメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら
  • 英語ぺらぺらになりたい!
  • 英語で自分の考えをきちんと伝えられるようになりたい!
  • とっさの一言で詰まらないようにしたい!

こういったニーズを満たすのに効果的な方法の一つとして、

「瞬間英作文」というのがあります。

 

こんな書籍。

見たことある人も多いと思います。

日本語を見て、瞬間的に英語に直すことで、会話の瞬発力が身に付く方法ですね。

 

「非常に効果的な方法なので、それを自分でも例題を作っていこう!」というのがこの記事の趣旨です。

決められた例文だけでなく、

  • 重要単語やイディオムを含んだ例文
  • 気になる言い回し
  • SNSなどで見つけた、これ使えそうだな!という言い回し

などを、自分で例題として「Anki」に追加していきます。

 

 

動画でも解説してます

動画でもステップ・バイ・ステップで解説しているので、細かいところは、ぜひ見てみてください。

動画版は、記事内で説明できていない、実際のやり方を見ることができます。

 

 

「Anki」って何?

Ankiは、簡単に言うと、自分で作れる「単語帳アプリ」です。

PCでもiPhone、Androidなどのスマホでも使えるので、いつでもどこでも暗記ができます。

単語だけでなく、暗記したいものなら画像や音声など、ほとんど何でも登録できます。

 

また、以下のような「忘却曲線」を見たことある人もいるかもしれません。

Ankiは、覚えられない例文は頻繁に、もう覚えた例文は、まれに出題されるよう、忘却曲線に沿った出題を自動でやってくれるので、登録した例文の暗記がめちゃくちゃはかどります。

 

使い方は、簡単。

普通の紙の単語帳と一緒で、表面と裏面を用意して、暗記していきます。

私は、CD(音声)付きの書籍を買ったら、それの例文や単語をAnkiに登録して、隙間時間にスマホで勉強しています。

どのように使うかというと、

①まず、表面の日本語をみて、英文を声に出して発音します。

②次に、画面をタップすると、裏面の英文が表示されるので、答え合わせをします。

 

このときに、自動で、あらかじめCDからとった音声も再生されるようにしておきます。

答え合わせの際に、ネイティブな発音も確認できるというわけです。ネイティブの発音を聞いたら、自分でも真似して数回、発音します。これで、スピーキングも鍛えることができます。

 

勉強したい書籍とCDの音声を「Anki化」しよう

さて、私は「DUO3.0」もAnkiに登録しています。
現代英語の重要単語1600+述語1000を560の例文に集約してあるので、これをすらすら言えるようになると、幅が広がります。

 

 

あとは、「DUO3.0」を登録していけばいいんですが、

  • CDの音声をどうやって各例文に分けて登録するの?
  • 日本文と英文を登録する効率のいい方法はないの?

という疑問もあると思いますので、私のやり方を紹介します。

この方法を使えば、一日もあれば、560の例文をAnkiに登録可能です。

 

Anki化の手順

おおざっぱには、手順は以下のような感じ。

細かくは、以下のような手順

  • CDをパソコンに取り込む。
  • CDの英文の音声から英文のテキストを抽出。
  • 日本語の例文を入力。
  • 各例文の音声ファイルに分ける。
  • Ankiのテンプレートを作る。
  • 音声ファイルをメディアフォルダに配置。
  • 日本文、英文、音声をまとめてAnkiに登録。

になります。

以下に詳しく説明しますね。

 

CDの音声をパソコンに取り込む

初めに、書籍についているCDや、DUO3.0の復習用CDのようなCDをパソコンに取り込んで、データ化します。

加工しやすいように、「mp3」という形式にします。

Windowsの場合は、パソコンにCDをセットし、WindowsMediaPlayerで開きます。

その後、「取り込みの設定」で形式を「mp3」にしてから、「CDの取り込み」を押すと、ファイルに変換されます。

変換されたファイルは、「ミュージック」フォルダにあるはずです。

 

CDの英文の音声から英文のテキストを抽出

CDの音声をファイル化できたら、そこから英文のテキストを抽出します。

Googleドキュメントの音声入力を使うと、自分で英文を入力する手間が劇的に減ります。

 

まず、Googleドキュメントを新規に開きます。

そして、「ツール」→「音声入力」を選択します。

 

すると、マイクのダイアログが表示されます。灰色のマイクをクリックして、話をすると、話した言葉がテキストに置き換わっていくのですが、デフォルトでは、話す言葉が「日本語」だと認識されます。

これから、CDに収録されている英語を認識させたいので、「日本語」を「English(United States)」に変更しましょう。

 

あと、通常の設定では、ファイルで再生した音声を、Googleドキュメントに認識させることができません。ファイル再生すると、スピーカから音が出るので、それをコンピュータ内のGoogleドキュメントは聞こえないからです。

そのため、「コントロールパネル」の「サウンド」の設定から、下記のようなダイアログを開きます。

そして、「録音」タブで「ステレオミキサー」を有効化して、デフォルトに設定します。

これで、再生された音声を、コンピュータ内にも転送できるようになります。

ここまで出来たら、ファイルを再生し、すぐに、Googleドキュメントの「灰色のマイク」ボタンを押します。

すると、再生された英文が、どんどんテキストになっていくと思います。

 

テキスト化できたら、1カードが1行になるように、以下のように整形します。

 

これで英文の方はOKです。

 

日本語の例文を入力

次に日本文を用意します。

CDに日本語の音声が収録されているのであれば、そのまま、日本語もファイルの再生でテキスト化できます。

DUO3.0の場合は、復習用CDには英語しか収録されていないので、日本語はCDからテキスト化できません。

でも、大丈夫。日本語なので、自分で書籍を読み上げれば、あっという間にテキスト化できます。

 

今度は、ファイルの再生ではなく、マイクからの入力をGooglドキュメントに認識させたいので、「録音」のタブのステレオミキサーを無効化し、「マイク」を有効化します。

 

また、Googleドキュメントの「ツール」→「音声入力」を選択し、灰色のマイクを表示させます。

言語が「日本語」になっていることを確認しておきましょう。

その後、灰色のマイクをクリックし、日本語を読み上げていけばOKです。

 

以下のような感じで、どんどんテキスト化されていくと思います。

日本語の方も英語と同じく、1カードが1行になるように、整形しましょう。

 

各例文の音声ファイルに分ける

次に、ファイル化したCDの音声を、ひとつのカード分に小分けにします。

分割するには、「Audacity」というソフトを使うと便利です。

このソフトで音声ファイルを開くと、以下のような波形が見えます。

波形のない部分が無音部分で、それが少し長めに続くと、一つの文と文の間ということになります。

この間の部分を検出して、自動でファイル分割してくれる機能がAudacityにはあります。

 

波形全体を選択して、メニューの「解析」→「音声の検出」を選択すると、その分割のための閾値(しきいち)を設定できるダイアログが開きます。

 

設定してOKすると、文章の切れ目でファイルを分割してくれます。

それを、「ファイル」→「書き出し」→「複数ファイルの書き出し」を行うことで、分割したファイルが、mp3形式で保存されます。

下記だと、トラック名が「1」「2」「3」...となっているので、「1.mp3」「2.mp3」「3.mp3」...のようなファイルになります。

 

Ankiのテンプレートを作る

次に、瞬間英作文用のAnkiのテンプレートを追加します。

デフォルトのテンプレートでもいいのですが、項目として、音声の項目も追加した方が、後ほど、まとめてCSVでインポートしやすいためです。

  • 表面・・・「Front」として日本語の例文、
  • 裏面・・・「Back」として英語の例文、「Audio」として、英文の音声

が来るようなテンプレートを作ります。

(作り方は、動画を見てみてください。図だけだと説明しづらいので。)

 

音声ファイルをメディアフォルダに配置

さて、先ほど分割した音声ファイルを、Ankiの「メディアフォルダ」と言われるところにコピペして配置します。

Ankiでは、この「メディアフォルダ」に、Ankiのカードで使われる図や音声などのメディアファイルを配置しておけば、

[sound:1.mp3]

という記述をすれば、このメディアフォルダ内の「1.mp3」ファイルを音声(Sound)として参照できるようになっているためです。

Windowsだと、このメディアフォルダは、

C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Anki2\ユーザー 1\collection.media

のようなフォルダになります。

 

日本文、英文、音声をまとめてAnkiに登録

さて、日本文と英文、音声ファイルが用意できたので、エクセルやGoogleスプレッドシートなどの表ソフトに貼り付けます。

1列目に日本語の例文、2列目に英語の例文、3列目に音声ファイルへの参照 を貼り付けます。

 

その後、これを、UTF-8のCSVファイルとして、保存し、Ankiの「ファイル」→「読み込む」から読み込んでインポートすれば完成です。

 

どの列を、テンプレートのどの項目に対応させるかは、インポート時に指定できますので、適切に設定しましょう。

 

上記では、簡便のためにセクション1の9例文だけで説明しましたが、同じように行えば、以下のように、560例文すべてを、比較的簡単に取り込めます。

560このカードを一つ一つ手作業で登録していたら、1週間はかかると思いますが、この方法を使うと、1日でできます。

 

1日で書籍をAnki化してしまえば、あとは、いつでもどこでも瞬間英作文が、音声付きで学習できます。

複数の書籍をAnki化して、自分だけの瞬間英作文集を作って、とっさの時にも英語が口をつくように、英語の瞬発力を鍛えてみませんか?

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2021 All Rights Reserved.