ぱーくんのサイト別館

ぱーくん plus idea

Inkscapeでカスタムの色パレットを登録する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

Inkscapeでオブジェクトを作成し、色を塗るとき、下にあるパレットから色を選んで適用します。

いろいろな色から選べて便利なのですが、よく使う配色のセットを登録しておくと便利です。

たまに作成するブログのイラストやアイキャッチ画像の配色に統一感があると、見た目もすっきりまとまって見えますしね。

そこでこの記事では、「カスタムのパレット(配色)を登録する方法」をご紹介します。

 

 

Inkscapeのパレットとは?

Inkscapeの下の方に色が並んでいますが、それがパレットです。Inkscapeでは、あらかじめいくつかパレットが登録されていて、切り替えて使うことができます。

パレットを切り替える方法

 

はじめは「Inkscape default」というパレットが選択・表示されています。それを切り替えるには、右下の矢印の部分をクリックします。

 

どんなパレットがあるの?

 

矢印をクリックすると、あらかじめ登録されているパレットが表示されます。ここに、新たに自分の「カスタムパレット」が表示されるようになるといいですよね。

 

 

パレットを追加登録する

それでは右下の部分に、自分が登録したパレットが表示されるようにしてみます。

パレット用のファイルを置く場所

実はこれらのパレットはあるディレクトリにファイルを置けば起動時に読み込まれます。

その場所はInkscapeをインストールしたディレクトリの「\share\palettes」。ここに、カスタムの色を定義したファイルを「.gpl」という拡張子で置けばOKです。

.gplファイルの中身

 

ファイルの中は左記のように書きます。「Name: MyCustom」でパレット名を指定し、その下にRGBの形式で色とその色名を記述します。

Inkscapeを再起動して反映

 

Inkscapeを再起動して再度右下の矢印をクリックすると、ファイルを置いた「MyCustom」というパレットが増えているのが確認できます。

カスタムパレットに切替えたところ

 

カスタムのパレットに切り替えると、このように登録した色が表示されます。

 
 

さいごに

よく使う色をカスタムパレットに登録しておくと、イラストを作成するスピードが格段に上がります。

また、ひとつファイルを追加していれば、そこに色を追加していくだけなので、メンテナンスも楽ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2019 All Rights Reserved.