ぱーくんのサイト別館

ぱーくん plus idea

PyCharmを日本語化する【正しい】方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

PyCharmをインストール後、初めに行うのが、日本語化という人も多いと思います。

その方法には2通りあります。

  • Pleiadesプラグインによる日本語化
  • JetBrainsの日本語言語パック・プラグインを使う方法

 

今までは前者の方法を使う人が多かったと思いますが、PyCharmを出しているJetBrains社の公式言語パックのリリースにより、前者は非推奨となりました

そのため、今後は、後者の方法で日本語化するのが【最新】かつ【正しい】方法となります

以下に、その方法をメモします。

また、以前のやり方で日本語化している場合に、それを、JetBrainsの日本語言語パック・プラグインを使う方法で日本語化しなおす方法も記載します。

 

 

PyCharmの日本語化の方法

PyCharmは、今では、プラグインで日本語化を行います。

まずは、Welcome 画面または Settings/Preferences から Plugins のダイアログを開きます。

すると、以下のように、Marketplaceでプラグインを検索できますので、検索窓に「japan」と入力し、

japanese Language Pack(日本語言語パック)を見つけましょう。

見つけたら、「Install」ボタンを押して、インストールしたら、PyCharmを再起動すればOKです。

 

 

Pleiadesプラグインを削除して、上記を入れ直すには?

すでに、Pleiadesプラグインで日本語化している場合には、以下の方法で無効化した後、上記の手順で、再度日本語化すればOKです。

 

①「メニュー > ヘルプ > カスタム VM オプションの編集」から、VMのオプションを開く。

②すると、以下のような.vmoptionsのファイルが開けるので、その中で、「-javaagent」で始まる行を削除して、PyCharmを再起動する。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2021 All Rights Reserved.