ぱーくんのサイト別館

ぱーくん plus idea

Salesforceの開発者コンソールがLoadingとなったままハングする場合の対処法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

まれに、Salesforceの開発者コンソールを開いても、「Loading….」と表示されたまま、いつまでたっても開かないことがあります。

「ページが応答しません」「応答があるまで待つか、このページを離れるか、いずれかの方法をお取りください。」と表示されるのでしばらく待っているのですが、まったく今ドールが開く気配がない。。。

そんな場合の対処法です。

 

調べると、開発者コンソールの状態を保持している「IDEWorkspace」オブジェクトが原因のようなので、このユーザの当該オブジェクトをリフレッシュするとよいようです。

 

 

Workbenchを使ってリフレッシュする方法

Chromeで管理コンソールを開き、DevToolsを起動するとIDが分かる。。と書いてあるソリューションもありますが、私の場合はLoading…と表示されてハングしてしまい、DevToolsが起動できませんでした。

そこで、Salesforce Workbenchを使って対処しました。

 

まず、「https://workbench.developerforce.com/」に行き、Workbenchにログインします。

 

IDEWorkspaceのIDを確認する

その後、右上の「utillities」から「REST Explorer」を開き、GETメソッドで

/services/data/v31.0/tooling/query/?q=SELECT+id,+name+from+IDEWorkspace

と発行します。

そうすると、当該ユーザのIDEWorkspaceのIDが分かります。下の画像の赤枠の部分です。

IDEWorkspaceの当該IDの情報を確認する

IDが分かったら、次にGETメソッドで

/services/data/v29.0/tooling/sobjects/IDEWorkspace/上記のID

を発行すると、そのIDEWorkspaceの情報が分かります。

 

IDEWorkspaceの当該IDのレコードをDeleteする

確認したら、このIDEWorkspaceオブジェクトを消すので、DELETEメソッドで

/services/data/v29.0/tooling/sobjects/IDEWorkspace/上記のID

を「Execute」します。

すると、以下のようなレスポンスが返ってくるはずです。

 

これで、開発者コンソールが開けるようになっているはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ご訪問ありがとうございます(^^)
副業でネットビジネスに取り組んでいるぱーくんと申します。

激務でも増えない給料に失望し、将来のために別の収入源が欲しい!の一心でネットビジネスをはじめ、2018年4月に20万円達成。

ひと月36万アクセスあるサイトを作ったノウハウは無料で公開中。 ⇒⇒コチラ
ネットビジネスで未来を夢見れる方を一人でも増やしたいと思っています。

誰でも最初は初心者。
【やってみたいけど、初心者だから不安】
という方は、ぜひお気軽にお問合せください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぱーくん plus idea , 2020 All Rights Reserved.